インストールが失敗した場合の対処方法

概要

TimeTracker NXのインストールが失敗した場合、まずは環境を一旦インストールする前の状態に復旧する必要があります。
その後、改めて各ページでご案内するインストール方法に従ってインストールをお願い致します。

復旧方法はインストールやバージョンアップの方法により異なるため、本ページでは以下に示す各場面に合わせた復旧方法を示します。

 

新規インストールに失敗した場合 

インストール途中のTimeTracker NXをアンインストールし、再度インストールをお願い致します。
具体的な手順は以下です。

  1. TimeTracker NXをアンインストールする。
    Web版アンインストール]で紹介している以下の項目を実施します。
    • [1 Web版をアンインストールする]のすべてを実施します。
    • [2 TimeTracker NXで利用するツールをアンインストールする]の[2. WebサーバーからRedisをアンインストールする]を実施します。
  2. TimeTracker NXをインストールする。

 

TimeTracker FXからのバージョンアップに失敗した場合

TimeTracker NXのセットアップウィザードでバージョンアップが失敗した場合、一旦バージョンアップ前の状態に戻す必要があります。

理由:
 TimeTracker FXのデータベースにはバージョンアップ時にTimeTracker NXの情報が登録されます。
 上記情報を残したまま、再度バージョンアップ作業を実施することはできないためです。

以下の方法でバージョンアップ前に取得したバックアップファイルからデータベースを復元し、TimeTracker NXを再インストールしてください。 

  1. TimeTracker FXのデータベースをバージョンアップ前のバックアップファイルから復元する。
    データベースの復元方法については、以下をご欄ください。
  2. TimeTracker NXをアンインストールする。
    Web版アンインストール]で紹介している以下の項目を実施します。
    • [1 Web版をアンインストールする]のすべてを実施します。
    • [2 TimeTracker NXで利用するツールをアンインストールする]の[2. WebサーバーからRedisをアンインストールする]を実施します。
  3. TimeTracker NXをインストールする。

 

TimeTracker NXのバージョンアップに失敗した場合

TimeTracker NXのバージョンアップで、データベースのアップデートが失敗した場合、一旦バージョンアップ直前の状態に戻してから、再度バージョンアップする必要があります。
理由:
 TimeTracker NXのデータベースは、バージョンにより構成が変わります。
 (機能追加による情報追加などが主な要因です。)
 TimeTracker NXのデータベースが更新途中で止まった場合、データベースの不整合が起こるため。

バージョンアップ前に取得したバックアップファイルから復元します。
TimeTracker NXを再度バージョンアップする手順は、以下になります。
(注意) バージョンアップ前の TimeTracker NXのバージョンにより処置が異なります。

■ TimeTracker NX 4.1以降の場合

  1. TimeTracker NXのデータベースをバージョンアップ前に取得したバックアップファイルから復元する。
    デスクトップ版と併用している場合は、デスクトップ版のデータベースもバックアップファイルから復元する。
    それぞれのデータベースの復縁方法については、以下をご欄ください。
  2. TimeTracker NXのアプリケーションをバージョンアップ前のアプリケーションに戻す。
    TimeTracker NXのインストールフォルダ内にアプリケーションがバックアップされています。
    既定のインストールフォルダの場合のバックアップフォルダと復元先を以下に紹介します。

    • バックアップ
      C:\Program Files\DENSO CREATE\TimeTrackerNX\backup\YYYYMMDD_HHMMSS
      ※YYYYMMDD_HHMMSS・・・バージョンアップに失敗した日時

    • 復元先
      C:\Program Files\DENSO CREATE\TimeTrackerNX

  3. TimeTracker NXをバージョンアップする。

■ TimeTracker 4.0の場合

「■ TimeTracker NX 4.1以降の場合」の手順2を以下の「TimeTracker NXのアンインストール」に置き換えて実施してください。

  • TimeTracker NXをアンインストール
    Web版アンインストール]で紹介している以下の項目を実施します。
    • [1 Web版をアンインストールする]のすべてを実施します。
    • [2 TimeTracker NXで利用するツールをアンインストールする]の[2. WebサーバーからRedisをアンインストールする]を実施します。