【デスクトップ版連携】マスターデータを同期すると、ユーザーの表示言語とタイムゾーンが初期化されてしまう

対象バージョン

TimeTracker NX 4.3
 
 

対象エディション

すべてのエディション
 
 

現象

デスクトップ版とWeb版を連携して使用している場合、デスクトップ版においてユーザーや組織などのマスターデータの同期が実行されると、Web版に登録されているユーザーの表示言語とタイムゾーンが既定値に更新されてしまいます。それぞれの既定値は以下のとおりです。
 ・表示言語:日本語 (日本)
 ・タイムゾーン:(UTC+09:00) Tokyo
 
 

回避方法

回避方法はありません。現象が発生した場合は、ユーザーごとに表示言語とタイムゾーンを再度設定してください。