TimeTracker FXのアクティビティをTimeTracker NXでも活用する

概要

デスクトップ版の「アクティビティ」は、初期設定時にWeb版の「工程分類」「作業分類」とマッピングすることができます。したがって最大5つあるアクティビティのうち2つまでしかマッピングできません。他の3つのアクティビティについては、Professional Editionで利用可能なカスタムフィールドを用いて以下の方法で同期することが可能です。

なお、「工程分類」「作業分類」とマッピング方法については、セットアップガイドの[Web版+デスクトップ版インストール(サーバー1台)]の「2.3 Web版の初期設定をする」にある手順8をご覧ください。

 

設定手順

以下の手順でTimeTracker NXのカスタムフィールドを定義して、TimeTracker FXのアクティビティの値と同期できるようにします。

  1. Web版のAdmin機能で、カスタムフィールドに以下の設定のフィールドを定義する。
    mceclip1.png

    • システム名:ActivityN (Nは1~5の数字)
    • データの型:単一行テキスト
      mceclip0.png

  2. プロジェクトのプロファイルの設定で、各ワークアイテムのフィールドに手順1で設定したフィールドを追加する。
    mceclip2.png

  3. プロジェクトのプロファイルの設定で、追加したフィールドの選択肢に、デスクトップ版のアクティビティと同じ選択肢を定義する。
    mceclip3.png
  4. デスクトップ版でプロジェクトを編集し、Web版にアクティビティの値を同期する。

以上により、デスクトップ版の同じアクティビティの値が、TimeTracker NXのカスタムフィールドで定義したアクティビティに反映され、以後同期されるようになります。