TimeTracker NX 4.2 リリースノート

このページではTimeTracker NX 4.2 の新機能ならびに変更された機能を紹介します。また、TimeTracker NX 4.2 で修正ならびに改善された内容も紹介します。

 

新機能 

Web API 

Web APIによるデータの取得・更新

TimeTracker NXの各データを外部から操作可能なWeb API(REST API)が、Web版プログラムに搭載されました。公開されたAPIは41本を数え、毎日の運用で使用するほぼすべてのデータがAPIで操作可能です。システム間のデータ連携や処理の自動化をサポートし、以下の運用が実現できます。

  • 他の管理ツールの業務データに基づいてTimeTracker NXのプロジェクトを一括で作成する
  • TimeTracker NXの工数やプロジェクトをチケット管理ツールと同期する
  • 組織・人事データと連携し、人事異動や組織再編時の手間を軽減する
  • プロジェクト帳票への出力やタスクの自動作成といった繰り返し作業を自動化する

web-api-pct-photo01.jpg

 Web API ヘルプ

 

プロジェクト 

プロジェクトをグループ化して管理

プロジェクトに顧客や業務種別などの分類情報(プロジェクトカテゴリ)を付与できるようになりました。これにより、プロジェクトを任意の単位でグループ化して、管理や集計に活用できます。

pivot2.png

 TimeTracker NX ヘルプ - プロジェクトを定義する
 TimeTracker NX ヘルプ - プロジェクトカテゴリを管理する

 

ワークアイテムのコピー

作業の階層構造(WBS)や各ワークアイテムの詳細情報が簡単にコピー&ペーストできるようになりました。使い慣れたキーボード操作(Ctrl+Cでコピー、Ctrl+Vで貼り付け)でも操作可能なのでストレスがありません。プロジェクト内はもちろん、プロジェクトを跨いだコピーも可能です。

newfeatures-pct-photo30.gif

 TimeTracker NX ヘルプ - ワークアイテムを編集する

 

任意のワークアイテムのフィールドをコピー

今までは子ノードにしか反映できなかったフィールドの値が、任意のフィールドの値をコピーできるようになりました。同階層の別アイテムや他のプロジェクトのアイテムなど、コピー対象が柔軟になり、編集作業がさらに楽になります。

360012882193_15.png

 TimeTracker NX ヘルプ - ワークアイテムを編集する

 

ワークアイテムの情報をクリップボードにコピー

タスクの情報をテキスト形式でコピーできるようになりました。進捗報告書などのExcel帳票に貼り付けたり、メールでの進捗報告に使用するなど活用の幅が広がります。

360012882193_04.png

 TimeTracker NX ヘルプ - ワークアイテムを編集する

 

テンプレートからフィールドを指定してプロジェクトのWBSを作成

プロジェクト内のタスク構造が簡単にコピーできるテンプレート機能で、コピー対象のフィールドを選択できるようになりました。計画期間だけコピーし担当者を個別に設定したり、リソースのみコピーし、計画の期間や工数を設定するなど、柔軟な運用が可能です。

360012882193_01.png

 TimeTracker NX ヘルプ - ワークアイテムを編集する

 

テーマごとのプロジェクト情報をスムーズに表示

プロジェクト内のワークアイテムの情報は表形式で表示・編集が可能であり、ワークアイテムの各属性(表の列)は自由にカスタマイズできます。今回のバージョンでは、プロジェクトの立ち上げからスムーズに活用できるよう、利用頻度の高いテーマごとの列構成(テーブル定義)をあらかじめ用意しました。「進捗管理」「コスト管理」など目的の用途に合わせて簡単に表示を切り替えて利用できます。

360012882193_07.png

 TimeTracker NX ヘルプ - ワークアイテムを編集する
 TimeTracker NX ヘルプ - 組み込みテーブルの一覧

 

複数アイテムのフィールド一括設定

複数アイテムに対して、任意のフィールドを一括設定できるようになりました。コンテキストメニューを使用して対象アイテムの子孫に一括設定したり、アイテムプロパティにて任意に選択した複数アイテムのフィールドを設定できます。同じ値を入力する手間が省け、プロジェクトの編集が楽になります。

360012882193_17.png

 TimeTracker NX ヘルプ - ワークアイテムを編集する
 TimeTracker NX ヘルプ - ワークアイテムの詳細情報を管理する

 

アイテムの完了をツールバーから実行

アイテムを完了状態にする際に、コンテキストメニューから操作しなくてもツールバー上のボタンから完了にすることが可能です。ワンクリックで操作できるので進捗管理の作業が簡易になります。

360013287234_03.png

 TimeTracker NX ヘルプ - プロジェクトの進捗を管理する

 

ガントテーブルのコンテキストメニューで期間をクリア

アイテムに設定した期間のクリアをガントチャート上のコンテキストメニューに加え、ガントテーブル上のコンテキストメニューからも操作できるようになりました。間違えて期間を設定した場合も簡単にクリアできます。

due_clear.png

 TimeTracker NX ヘルプ - ピボット分析で工数やコストを自在に集計する

 

テーブルに表示する列を簡単に編集

テーブルに表示する列の追加や削除をガントテーブルから直接操作できるようになりました。テーブルの設定画面にしなくても、プロジェクトの計画を確認しつつ必要な情報を表示できます。

360012882193_10.png

 TimeTracker NX ヘルプ - ワークアイテムを編集する

 

分析

プロジェクトの階層に基づきデータを集計(ピボット分析)

ピボット分析機能でプロジェクトのWBSを階層表示できるようになりました。プロジェクト編集画面と同様に任意の粒度で分析が可能です。

 pivot1.png

 TimeTracker NX ヘルプ - ピボット分析で工数やコストを自在に集計する

 

システム管理

安全にTimeTracker NXを停止

バックアップやバージョンアップなどを安全に実行できるように、管理画面からTimeTracker NXを停止できるようになりました。TimeTracker NXの利用者にはメンテナンス中の画面が表示され、誤ってデータベースが更新されることを防げるようになりました。

360019420234_02.png

 TimeTracker NX ヘルプ - システムを安全に停止する

 

バージョンアップ手順を簡素化

TimeTracker NX 4.1以降のバージョンアップについて、インストーラーが自動的に実施する範囲を拡大し、バージョンアップ作業を実行しやすくなりました。

360018704134_01.png

 セットアップガイド - バージョンアップ(NX 4.1から)

 

最新の環境に対応

TimeTracker NXが利用しているデータベース管理システムの最新バージョン「Microsoft SQL Server 2017」に対応しました。また、「Microsoft SQL Server 2016 SP2」にも対応しました。

 

修正点・改善項目

  • 特定の条件下においてデスクトップ版とWeb版で実績工数がずれる現象を解消しました
  • 削除済みの組織に所属するユーザーをインポートしたときの挙動を修正しました
  • ガントチャートの「空欄」と「-」の表記を統一しました
  • 特定の条件下においてシステムのカレンダーが新規プロジェクトに反映されない現象を解消しました
  • Standard Editionにてワークアイテムを追加時に、エラーが発生する場合がある現象を解消しました
  • TimeTracker FXからTimeTracker NXへのバージョンアップ時に2100件以上のプロジェクトを移行できない現象を解消しました
  • JavaScriptのライブラリが公開されている外部サイトに接続できない場合にシステムエラーになる現象を解消しました
  • タイムシートの休憩時間を0:00~0:45の間に設定するとタイムシート表示時にエラーが発生する現象を解消しました
  • デスクトップ版からWeb版への同期時に、進捗率決定方法が意図せず変更される場合がある現象を解消しました
  • プロジェクト画面でガントチャートが非表示の場合、縦スクロールバーが表示されない現象を解消しました
  • WBS上の一部のアイコンが表示されない場合がある現象を解消しました
  • データベース管理者のパスワードが要件を満たさない場合、アンインストールが必要になる現象を解消しました
  • 同じ名前のステータスが複数存在する場合、データがまとめて集計されてしまう現象を解消しました

 

上記を含め、合計200件以上におよぶ操作性改善・品質向上を行いました。