【データ同期】TimeTracker FXからTimeTracker NXへのバージョンアップにおいて2100件以上のプロジェクトが移行できない

対象エディション

すべてのエディション

 

対象バージョン

TimeTracker NX 4.0, 4.1

 

現象

TimeTracker FXからTimeTracker NXにバージョンアップする際に、移行対象のプロジェクトを2100件以上選択すると、バージョンアップの途中でエラーが発生し、処理が中断します。

 

発生条件

TimeTracker NXのセットアップウィザードで、移行対象のプロジェクトを2100件以上選択した場合に、本現象が発生します。

 

回避方法

本現象を回避するには、TimeTracker NXのプログラムインストール後に実行されるセットアップウィザードにおいて、移行対象のプロジェクトを2100件未満に絞り込んで選択します。

また、あらかじめ移行しないプロジェクトをTimeTracker FX上で削除し、2100件未満にしておくことで、セットアップウィザード実行時に全プロジェクトを一括で選択することができ、移行作業を効率的に行うことができます。
移行対象外とするプロジェクトの例としては、以下のようなケースがあります。実際の運用状況に応じて選別します。
 
  • 機能評価や試行のために作成し、本運用で利用しないプロジェクト
  • バージョンアップ後に利用するために先行して作成した、計画のみのプロジェクト
    ※移行後にTimeTracker NX(Web版)上で作成します。
     デスクトップ版と併用する場合は、テンプレート機能やコピー機能、
     APIが利用できるデスクトップ版でプロジェクトを作り直して
     Web版に同期させることも可能です。
  • 終了した時期が数年前で、今後参照することがないプロジェクト

 

エラーが発生した場合の対処方法

本現象が発生した場合の対処方法について紹介します。
以下の手順でTimeTracker NXのセットアップウィザードを再実行します。
その際は、移行対象とするプロジェクトの選択件数を2100件未満とします。
 
  1. インターネット インフォメーション サービス(IIS)を停止する。
    IISの停止方法については、以下のページをご覧ください。
    <https://dcinchelp.zendesk.com/hc/ja/articles/360001394228>
     ※「2.Web版の利用を停止する」をご覧ください。

  2. Redisのデータを削除する。
    Redisのデータを削除する方法については、以下のページをご覧ください。
    <https://dcinchelp.zendesk.com/hc/ja/articles/360001301387>
     ※「1 Web版をアンインストールする」の
      「2. WebサーバーからRedisのデータを削除する」をご覧ください。

  3. インターネット インフォメーション サービス(IIS)を開始する。
    IISの開始方法は、IISの停止方法と同じ画面で[開始]をクリックします。

  4. サーバーマシンのデスクトップ上に存在する「TimeTracker NXセットアップウィザード」のショートカットを再実行する。

 


コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

アンケートに回答する