TimeTracker NXでの実績エクスポートの出力項目について

対象エディション

すべてのエディション

 

対象機能

実績エクスポート

 

概要

TimeTracker NXにおいても、従来のTimeTracker FXと同様に「実績エクスポート」により実績工数データをExcelまたはCSV形式のファイルに出力することが可能です。

TimeTracker NXでは実績工数に「作業分類」や「工程分類」といった情報を付加できるようになりましたが、これらの項目もエクスポートされます。この関係で、エクスポート対象の項目にはFX・NXの間で差異があります。そこで、このページではTimeTracker FXからTimeTracker NXにスムーズに移行できるよう、両者の実績エクスポートの内容について説明します。

 

実績エクスポートによる出力内容の差異

TimeTracker NXの実績エクスポートでは、TimeTracker FXのそれと比較して以下の差異があります。

新しくエクスポートされるようになった項目

  • 該当日の組織名
  • 該当日の組織コード
  • 工程分類グループ
  • 工程分類
  • 作業分類グループ
  • 作業分類
  • アイテム番号(プロジェクト内のワークアイテムに自動的に振られる連番)
  • フォルダ名(基本的にWBS第1階層のパッケージが該当)

エクスポート対象外となった項目

  • 役割
  • パッケージコード
  • アウトライン番号
  • アクティビティ(作業分類・工程分類に移行)
  • 進捗率

それぞれのエクスポート対象項目の一覧を以下に示します。 

■TimeTracker NXのエクスポート対象項目

  集計単位
実績 日・週・月
出力項目 ワークアイテム プロジェクト ワークアイテム プロジェクト
ユーザー名
ユーザーコード
現在の組織
現在の組織コード
該当日の組織
該当日の組織コード
プロジェクト名
プロジェクトコード
プロジェクトカテゴリ1~50*
日付
開始時刻
終了時刻
実績工数
実績工数(分)
実績コスト
メモ
工程分類グループ
工程分類
作業分類グループ
作業分類
アイテム名
アイテムタイプ
アイテムコード
アイテム番号
フォルダ名
* [グループ化]が有効なプロジェクトカテゴリのみ出力します。

 

■TimeTracker FXのエクスポート対象項目

  集計単位
実績 日・週・月
出力項目 タスク プロジェクト タスク プロジェクト
アカウント名
アカウントコード
組織
役割
日付
開始時刻
終了時刻
作業時間
作業時間(分)
プロジェクト名
プロジェクトコード
プロジェクトカテゴリ1~30
パッケージ名
パッケージコード
タスク名
タスクコード
アウトライン番号
アクティビティ1~5
アクティビティコード1~5
進捗率
メモ

 


 

コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

アンケートに回答する