【データ同期】デスクトップ版からWeb版への同期時に、進捗率決定方法が意図せず変更される場合がある

対象エディション

すべてのエディション

 

対象機能

デスクトップ版とのデータ連携

 

現象

デスクトップ版プログラムで進捗率の決定方法が「規模進捗率」のアイテムが、Web版プログラムへ同期すると「加重平均」になってしまう場合があります。

 

発生条件

デスクトップ版プログラムで以下の条件をすべて満たす場合に本現象が発生します。
  • 対象アイテムに子アイテムが存在する。
  • 対象アイテムの進捗率の決定方法が「規模進捗率」である。
  • 進捗率の値が 0 である。
※対象アイテムに子アイテムがない場合は、「規模進捗率」で同期されます。  

 

対処方法

現象発生後に、進捗率の値が更新されると進捗率の決定方法も同期されて整合性のとれた状態になります。 

 


コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

 アンケートに回答する