Web版のWebサーバーとデータベースサーバーを別々のサーバーにインストールする

概要

ここでは、TimeTracker NX Web版のWebサーバー(アプリケーション)とデータベースサーバーを分けてインストールする手順を紹介します。
Webサーバーとデータベースサーバーを独立させることで、データベースサーバーへのアクセス制御を容易にし、データベースに対してセキュリティを高めることができます。
TimeTracker NXの構成については「インストールの概要」を確認してください。

 

構成イメージ

基本的な運用

このページで構築した環境では、工数入力やプロジェクト管理など一通りの運用が、Web版だけでできます。構成としては下図の様な環境になります。

115015625208_01.png

 

準備する物

このページでサーバー環境を構築するにあたり、あらかじめ以下のものを準備してください。

  • Windows Serverがインストールされたサーバーマシン
  • SQL Serverがインストールされたサーバーマシン*
  • TimeTracker NXのインストーラー一式
    (ダウンロードしたZIPファイルを展開したもの)
  • TimeTracker NXのライセンスキーが記載されたメール
    (評価版の申し込み後や製品版のユーザー登録カードの送付後に届きます)

 

 * SQL Serverがインストールされたサーバーマシンは、以下の状態にしてください。

  • SQL Serverが混合認証モードでインストールされていること
  • SQL Serverの通信方法としてTCP/IPが有効になっていること
  • SQL Serverの通信が1433ポートを使って通信できること
  • SQL Serverの通信がファイアウォールを通過できること

 

インストール方法

このページでは用意したサーバーの内、WebサーバーにWeb版アプリケーションを構築し、クライアントPCでTimeTracker NXを利用するまでの手順を紹介します。全体の流れは以下のとおりです。
なお、TimeTracker NXのインストールでWindowsの再起動が必要になる場合があります。TimeTracker NXをインストールする前に、対象のサーバーを利用するアプリケーションをすべて停止してください。

  1. Web版データベースをサーバーに作成する
  2. Web版プログラムをサーバーにインストールする
    1. IISを有効にする
    2. Web版をインストールする
    3. Web版の初期設定をする
    4. ユーザー情報を登録する
  3. クライアントPCからサーバーにアクセスする

 

1. Web版データベースをサーバーに作成する

SQL ServerがインストールされたサーバーマシンにWeb版のデータベースを作成します。ダウンロードファイルの中にあるWeb版のインストーラーを実行して、表示されるインストールウィザードの画面に従い進めます。

  1. 最初の画面で[次へ]をクリックする。
    115012726988_09.png
  2. [使用許諾契約]の画面で「使用許諾契約書のすべての条項に同意します」を選択して、[次へ]をクリックする。
    115012726988_10.png
  3. [セットアップタイプの選択]画面で「カスタム」を選択し、[次へ]をクリックする。
    115015625208_02.png
  4. [カスタムインストールの選択]画面で、[データベースの作成]を選択して[次へ]をクリックする。
    115015625208_03.png
  5. [データベースサーバの選択]画面で以下の情報を指定して、[次へ]をクリックする。
    • データベースサーバ名:用意したデータベースサーバーのSQL Serverインスタンス
    • データベースサーバ管理者ユーザ名:上記データベースサーバに接続するSQL Serverの管理ユーザ名
    • データベースサーバ管理者パスワード:上記管理ユーザのパスワード
     事前に手順4で[SQL Server Expressをインストールする]を選択し、SQL Server Expressをインストールした場合、SQL Serverの管理者アカウントは以下の設定になります。
    アカウント ログイン名 パスワード
    SQL Server 管理者 sa Administrator///

    115012912407_07.png
  6. [データベースの作成]画面で、以下の項目を設定して[次へ]をクリックする。
    • データベース名:作成するデータベースの名前
    • データベース管理者ユーザ名:データベースの管理者権限を持たせるSQL Serverのユーザ名
    • データベース管理者パスワード:上記ユーザのパスワード
       推奨する条件を満たすパスワードを入力してください。
       条件を満たさない場合、インストール直後にエラーが生じる場合があります。
       エラーが発生したときは、TimeTracker NXを再インストールしてください。
    • パスワードの入力確認:「データベース管理者パスワード」で入力したパスワードを再入力
    • 復旧モデルの種類:デフォルト(単純)のままにしておきます。
    115012912407_08.png
  7. [インストール準備完了]画面で[インストール]をクリックする。
    インストールが開始されるので、完了を待ちます。
  8. インストールの完了画面で、[完了]をクリックする。
    115015625208_04.png

 

2. Web版プログラムをサーバーにインストールする

SQL Serverがインストールされていないサーバーマシンに、Web版をインストールします。Web版は、サーバーマシンに構築したWebサーバーを利用します。

 

2.1 IISを有効にする

Windowsには、標準搭載のWebサーバーであるIIS(Internet Information Services)があり、TimeTracker NXではこのIISを利用します。IISの機能はデフォルトでは無効になっているので、以下のリンク先にある「1.1 IISを有効にする」の手順でIISを有効にします。

 1台のサーバーにWeb版をインストールする - 1.1 IISを有効にする

 

 2.2 Web版をインストールする

ダウンロードファイルの中にあるWeb版のインストーラーを実行して、サーバーにWeb版をインストールします。
インストーラーを実行するとインストールウィザードが表示されるので、画面に従い以下の手順で進めます。

115012726988_09.png

  1. 最初の画面で[次へ]をクリックする。
  2. [使用許諾契約]の画面で「使用許諾契約書のすべての条項に同意します」を選択して、[次へ]をクリックする。
  3. [セットアップタイプの選択]画面で「カスタム」を選択し、[次へ]をクリックする。
    115015625208_02.png
  4. [カスタムインストールの選択]画面で、[Redisのインストール]を選択して[次へ]をクリックする
    115015625208_05.png
  5. [Redisのインストールの選択]画面で、Redisにアクセスするポート番号と、データを保存するデータベースの識別に使用するデータベース番号を設定し[次へ]をクリックする。
    RedisはTimeTracker NXのレスポンスを向上させるためにインストールするアプリケーションです。
    115015625208_06.png
  6. [インストール準備完了]画面で[インストール]をクリックする。
    インストールが開始されるので、完了を待ちます。
  7. インストールの完了画面で、[完了]をクリックする。
    115015625208_04.png
  8. 再度インストーラーを起動し、最初の画面で[次へ]をクリックする。
  9. [使用許諾契約]の画面で「使用許諾契約書のすべての条項に同意します」を選択して、[次へ]をクリックする。
  10. [セットアップタイプの選択]画面で「カスタム」を選択し、[次へ]をクリックする。
    115015625208_02.png
  11. [カスタムインストールの選択]画面で、[Webアプリケーションのインストール]を選択して[次へ]をクリックする
    115015625208_07.png
  12. [Webサイトの選択]画面では、次の2つの選択肢からいずれかを選択し、[次へ]をクリックする。
    • 既存のWebサイト:以下のような場合に選択します。
      • TimeTracker NX以外にWebサイトやWebアプリケーションが存在しない場合
      • 既存のWebサイトやWebアプリケーションと管理(Webサイトの停止、再起動など)を共通にする場合
    • Webサイトを新規作成:以下のような場合に選択します。
      • 既存のWebサイトやWebアプリケーションと管理を分けたい場合

    [既存のWebサイト]を選択した場合は、リストボックスからTimeTracker NXを登録するWebサイトを選択してください。
    [Webサイトを新規作成]を選択した場合は、新規に作成するWebサイトの名前(「http://」の後に続く文字列)を入力してください。
     この時入力する文字列は、DNSで名前解決可能なコンピュータ名またはFQDN形式の名前としてください。
    115012912407_02.png

  13. [Webアプリケーション情報の入力]画面で[Webアプリケーション名]に任意の文字列を入力して、[次へ]をクリックする。
     ここで設定したWebアプリケーション名が、「http://(Webサイト名)/」の後に続く文字列になる。
    115012912407_03.png
  14. [通信プロトコルの選択]画面で、「通信プロトコルを追加する」または「既存の通信プロトコルを使用する」を選択して、[次へ]をクリックする。
    「通信プロトコルを追加する」を選択した場合は、「http」または「https」のいずれかを選択して、ポート番号を指定する。
    115012912407_04.png
  15. [インストールフォルダの指定]でWeb版のインストール場所を指定して、[次へ]をクリックする。
    115012912407_05.png
  16. [データベースサーバの選択]画面で各項目に「1. Web版データベースをサーバーに作成する」の手順6で設定した情報を指定して、[次へ]をクリックする。
    115012912407_07.png
  17. [Redisの接続情報の入力]画面で以下の項目を入力し、[次へ]をクリックする。
    • ホスト名:Redisが稼働しているサーバのマシン名
    • ポート番号:手順5で設定したポート番号
    • データベース番号:手順5で設定したデータベース番号
    115012912407_10.png
  18. [TimeTracker FX 3.Xとの連携・移行の選択]画面で、「TimeTracker FX 3.Xと連携・移行しない」を選択する。
    115012726988_34.png
  19. [インストール準備完了]画面で[インストール]をクリックする。
    インストールが開始されるので、完了を待ちます。
  20. インストールの完了画面で、URLのチェックボックスにチェックしたまま、[完了]をクリックする。
    115012726988_13.png

以上でサーバーマシンにWeb版がインストールされました。
この時点では、まだWeb版を利用することができません。Web版を利用するために、次は初期設定を行います。

 

2.3 Web版の初期設定をする

 サーバーマシンにWeb版プログラムをインストールした段階では、まだWeb版は利用できません。Web版を利用できるようにするために、まずはシステム全体の設定(初期設定)を行います。
初期設定は[セットアップウィザード]の画面で実施します。Windowsを再起動するなどブラウザを閉じた場合は、デスクトップ上に存在する[TimeTracker NXセットアップウィザード]のショートカットをダブルクリックして下さい。

  •  TimeTracker NXが動作保証するブラウザは、Internet Explorer 11またはGoogle Chromeです。Windows Server 2008 64bit版をご利用になる場合は、上記ブラウザが利用可能なクライアントPCで、以降の手順を実施してください。

115012726988_14.png

セットアップウィザードでは以下の内容を設定します。

  • ライセンスキーの登録
  • データベースの作成方法
  • 管理者アカウントの登録

これらの設定をブラウザで表示したセットアップウィザードの画面に従って以下の手順で進めます。

  1. 最初の画面で[次へ]をクリックする。
  2. [ライセンスキーの入力]画面になるので、事前に準備したライセンスキーのメールからWeb版のライセンスキーを入力して[次へ]をクリックする。
     ライセンスキーの入力は、コピー&ペーストで行うことを推奨します。
    115012726988_15.png
  3. 以下の情報とメールに記載されたライセンス情報が一致することを確認後、[次へ]をクリックする。
    • プロダクトキー
    • ライセンス期間
    • 組織情報
    • エディション
    • ライセンス数
    115012726988_16.png
  4. [データベースの作成方法]画面で「空のデータベースを作成する」を選択し、[次へ]をクリックする。
    機能の確認など、すでに存在しているデータを使用して評価される場合は「サンプルデータベースを作成する」を選択してください。
    115012726988_35.png
  5. [管理ユーザーの登録]画面で、TimeTracker NXのシステム設定画面にログインできる管理者ユーザーのアカウント情報(アカウント名、パスワード)を入力し、[次へ]をクリックする。
    システム設定画面では、アカウントや組織、役割の定義など、TimeTracker NXを利用するために必要な情報を設定します。
    115012726988_18.png
  6. [実行の確認]画面でセットアップ内容が表示されるので、データベースの作成内容と管理ユーザーの情報を確認して[実行]をクリックする。
    115012726988_36.png
  7. [確認]ダイアログが表示されるので、[OK]をクリックする。
  8. [セットアップの完了]画面が表示されるので、[管理画面へ移動]をクリックして次の手順に進む。
    115012726988_23.png

以上でサーバーマシンの準備が整いました。
Web版を利用するためには、ユーザーがログインできるようにユーザー情報を入力する必要があります。
次に案内する手順に従って、ユーザー情報の登録を行ってください。

 

2.4 ユーザー情報を登録する

これまでの手順ではまだ管理者のユーザー情報しか存在しないため、一般利用者はログインできません。一般利用者もログインできるように、管理者がログインしてユーザー情報を登録しましょう。管理者のログイン情報は「1.3 Web版の初期設定をする」で設定した管理ユーザです。
ユーザーがTimeTracker NXにログインできるようにするために必要な設定は以下の3つになります。この設定以外の項目については、必要になった時点で後から設定すれば問題ありません。

  • 組織情報
  • 権限情報(システムロール)
  • ユーザー情報

具体的な設定方法については、TimeTracker NX ヘルプの以下のコンテンツをご確認ください。

 組織を定義する
 システムロールを定義する
 アカウントを定義する

これでクライアントPCからTimeTracker NXにログインできるようになりました。引き続きクライアントPCからアクセスするには、以降の手順を参照してください。

 

3. クライアントPCからサーバーにアクセスする

クライアントPCからブラウザを利用してTimeTracker NXにアクセスする手順を説明します。
クライアントPCでWeb版を利用するには、ブラウザを起動して以下のURLにアクセスします。

  •  http://(TimeTracker NXのサーバーマシン名)/TimeTrackerNX/login

ログイン画面が表示されるので、「2.4 ユーザー情報を登録する」で登録したユーザー情報でログインします。

 

以上でTimeTracker NXにログインできました。
次のステップとして、ヘルプにて目的に応じたページを参照しつつ機能や操作を確認してください。

 


コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

 アンケートに回答する