概要

TimeTracker NXは、データベース(Microsoft SQL Server)を利用してアプリケーション内で使用するデータを管理しています。このガイドでは、TimeTracker NXの運用において必要となるデータベースの管理方法についてご紹介します。

 

事前準備

TimeTracker NX(Web版)のデータベース管理では、Microsoft SQL Serverのデータベース管理ツール「SQL Server Management Studio」が必要です。
無償版のSQL Server(SQL Server Express)をご利用の場合など、この管理ツールがサーバーマシンにインストールされていない場合は、あらかじめマイクロソフト社のWebサイトより入手しておいてください。

デスクトップ版のデータベース管理は、同梱のデータベース管理ツール「Server Manager」を利用します。
サーバーマシン上にServer Managerがインストールされていることをあらかじめ確認しておいてください。

 

データベース管理ガイドの構成

本ガイドの構成は以下のとおりです。
TimeTracker NXのアプリケーションにはWebアプリケーション版(Web版)とデスクトップアプリケーション版(デスクトップ版)版の2種類が存在しますが、その運用形態により大きく2つに分かれます。

  1. Web版のみを運用する場合のデータベース管理方法
    1. データベースの新規作成
    2. データベースのバックアップ
    3. データベースのバックアップ(スケジュール実行)
    4. データベースの復元
    5. データベースの削除
  2. Web版とデスクトップ版を併用する場合のデータベース管理方法
    1. データベースの新規作成
    2. データベースのバックアップ
    3. データベースのバックアップ(スケジュール実行)
    4. データベースの復元
    5. データベースの削除

 


コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

 アンケートに回答する