概要

このページでは、ユーザーがTimeTracker NXを利用する前に必要な事前準備の内容を紹介します。
システム管理者によって行われることを想定しています。

事前準備の流れは以下のとおりです。

  1. TimeTracker NXのインストール
  2. マスターデータの設定
    1. 組織の作成
    2. システムロールの作成
    3. ユーザーの作成

 

1. TimeTracker NXのインストール

まず、サーバーマシンとTimeTracker NXのインストーラーを用意します。
そのうえで、インストーラーを使用してサーバーマシンにTimeTracker NXをインストールします。
インストール手順の詳細は「セットアップガイド」をご確認ください。

  •  セットアップガイド中の「データベース作成」の手順の中で、「サンプルデータ」は含めないでください。
    このガイドは、サンプルデータを含まない、空の状態のデータベースを前提としています。

 

2. マスターデータの設定

前の手順においてサーバー環境を構築し、TimeTracker NX用のデータベースが作成できました。
次に、マスターデータの設定を行います。マスターデータとは、組織情報やシステムロール情報、ユーザー情報といったデータベース共通の基本情報を指します。
ユーザーがクライアントPCのブラウザからTimeTracker NXを利用するためには、このマスターデータ設定が必要になります。
ブラウザを起動し、以下のURLでTimeTracker NXにアクセスします。

  •  http://(TimeTracker NXのサーバーマシン名)/TimeTrackerNX/admin

ログイン画面が表示されるので、以下のログイン名とパスワードを入力してください。

項目名 入力内容
ログイン名 データベース作成時に登録した管理者アカウントのログイン名
パスワード データベース作成時に登録した管理者アカウントのパスワード

 

2-1. 組織の作成

Adminの画面上で、まず組織を作成します。
実際の部署やチームなどに合わせて組織を作成するのがおすすめです。
定義した組織の単位で工数集計などが可能になります。
組織の作成手順は以下のとおりです。

  1. 画面左側のリストから、[組織]をクリックする。
  2. [+]をクリックする。
  3. [組織の作成]ダイアログで以下の項目を入力する。
    115015378767_01.png

    項目名 入力内容
    名前 定義する組織の名前
    英語表記名 英語表記にした際の名前であり、検索時に利用する
    コード 組織を体系的に管理する場合に設定する任意の文字列
    説明 定義した組織を説明する文字列
  4. 必要な組織をすべて定義するまで、手順1~3を繰り返す。

組織は、最大16階層の階層構造にすることができます。組織をドラッグ&ドロップで任意の位置に自由に移動することで、簡単に構成を変更できます。
以下は、階層構造された組織のイメージです。
115015378767_03.png

2-2. システムロールの作成 

システムロールとは、ユーザーが利用可能な機能を定義したものです。
ここで定義するシステムロールをユーザーに割り当てることで、各ユーザーが利用可能な機能が決定されます。
システムロールの作成手順は以下のとおりです。

  1. 画面左側のリストから、[システムロール]をクリックする。
  2. [+]をクリックする。
  3. [システムロールの作成]ダイアログで以下の項目を入力する。
    項目名 入力内容
    名前 定義するシステムロールの名前
    説明 定義したシステムロールを説明する文字列
  4. [プロパティ]アイコンをクリックする。
    115015378767_04.png
  5. [編集]ボタンをクリックする。
  6. システムロールの権限とアクセス範囲を入力する。
    権限
    No. 機能 項目 権限の内容
    1 システム ログイン TimeTracker NXにログインができる。
    2   システム管理 Adminの利用ができる。
    3 プロジェクト プロジェクトの作成 プロジェクトの新規作成ができる。
    4   プロジェクトの管理 プロジェクト設定の閲覧・編集ができる。
    5   プロジェクトの編集 プロジェクト情報の編集ができる。
    6   プロジェクトの閲覧 プロジェクト情報の閲覧ができる。
    7 ユーザー アカウント設定の変更 ログインユーザーが自分のユーザー情報の編集ができる。
    8   タイムシートの編集 タイムシートの編集ができる。
    9   タイムシートの閲覧 タイムシートの閲覧ができる
    10 マイページ ワークアイテムリスト ワークアイテムリストの閲覧ができる。
    11 分析 ダッシュボード ダッシュボードの閲覧ができる。
    12   プロジェクト横断 プロジェクト横断の閲覧ができる。
    13   リソース負荷 リソース負荷の閲覧ができる。
    14   実績エクスポート 実績エクスポートの実行ができる。
    15 コスト コスト閲覧 コストの閲覧・編集ができる。

    アクセス範囲
    No. 項目 説明
    1 すべて すべてのプロジェクトやユーザーを対象にする。
    2 所属組織以下のデータ ログインユーザーが所属している組織を対象にする。
    3 メンバーのプロジェクト ログインユーザーが担当しているプロジェクトを対象にする。
    4 管理者のプロジェクト ログインユーザーが管理しているプロジェクトを対象にする。
    5 自分 ログインユーザーのみを対象にする。
  7. [保存]ボタンをクリックする。
  8. 必要なシステムロールをすべて定義するまで、手順1~7を繰り返す。

以下は、職制によって権限を定義する例です。

  • 部長は分析やコスト管理をします。
  • マネージャやリーダーはプロジェクトの編集をします。
    プロジェクトの作成は、マネージャのみとします。
  • 担当者は、プロジェクトの閲覧のみで、編集は不可とします。
    (権限は一部抜粋しています。)
    システム
    ロール名
    システム
    管理
    プロジェクト
    の作成
    プロジェクト
    の編集
    プロジェクト
    の閲覧
    ダッシュ
    ボード
    プロジェクト
    横断
    コスト
    閲覧
    部長
    マネージャ        
    リーダー          
    担当者            

 

2-3. ユーザーの作成

いよいよユーザーの作成です。
ここで定義するユーザー情報を使用して、各ユーザーはそれぞれブラウザからログインしてTimeTracker NXを使用することになります。
利用予定のユーザーの分を作成してください。

  1. 画面左側のリストから[ユーザー]をクリックする。
  2. [+]をクリックする。
  3. [ユーザーの登録]ダイアログで以下の項目を入力する。
    115015378767_02.png

    項目名 入力内容
    名前 定義するユーザーの表示名
    英語表記名 英語表記にした際の名前であり、検索時に利用する
    コード ユーザーを体系的に管理する場合に設定する任意の文字列
    ログイン名 ログインする際に入力するログイン名
    パスワード・
    パスワードの再入力
    ログインする際に入力するパスワード
    組織 ユーザーが所属する組織
    システムロール ユーザーに付与する権限を定義したシステムロール
  4. 必要なユーザーをすべて定義するまで、手順1~3を繰り返す。

 

ここまでで、TimeTracker NXの利用開始のための事前準備が完了しました。
システム管理者の方は、アクセス用のURLならびに設定したユーザーのログイン情報(ログイン名とパスワード)を各ユーザーに連絡してください。
そのログイン情報を使用して、各ユーザーはクライアントのブラウザを通じてTimeTracker NXが利用できます。


コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

 アンケートに回答する