1台のサーバーにWeb版とデスクトップ版をインストールする

概要

ここでは、1台のサーバーにTimeTracker NXのWeb版とデスクトップ版をインストールして、TimeTracker NXの環境を構築する手順を紹介します。
Web版とデスクトップ版を両方インストールすることで、必要な環境を最低限に抑えつつ、デスクトップ版のみの機能も利用したい場合に活用できます。
TimeTracker NXの構成については「インストールの概要」を確認してください。

 

構成イメージ

このページで構築した環境では、工数入力やプロジェクト管理など一通りの運用が、Web版だけでできます。Web版での運用に加え、集めた工数を自由な集計軸で分析したり、Excel帳票と連携する場合は、デスクトップ版を利用します。Web版とデスクトップ版を併用した場合の構成としては下図のような環境になります。

115012726988_02.png


TimeTracker NXでは、デスクトップ版とWeb版それぞれのプログラム用にデータベースが存在し、それぞれのプログラムの操作により発生した変更をお互いのデータベースに同期され、一貫性が保たれます。

 

準備する物

このページでサーバー環境を構築するにあたり、あらかじめ以下のものを準備してください。

  • Windows Serverがインストールされたサーバーマシン
  • SQL Server
    (TimeTracker NX同梱のSQL Server Expressを使う場合は不要)
  • TimeTracker NXのインストーラー一式
    (ダウンロードしたZIPファイルを展開したもの)
  • TimeTracker NXのライセンスキーが記載されたメール
    (評価版の申し込み後や製品版のユーザー登録カードの送付後に届きます)

 

インストール方法

このページではサーバー上に環境を構築し、クライアントPCでTimeTracker NXを利用するまでの手順を紹介します。全体の流れは以下のとおりです。
なお、TimeTracker NXのインストールでWindowsの再起動が必要になる場合があります。TimeTracker NXをインストールする前に、対象のサーバーを利用するアプリケーションをすべて停止してください。

  1. デスクトップ版プログラムをサーバーにインストールする
  2. Web版プログラムをサーバーにインストールする
    1. IISを有効にする
    2. Web版をインストールする
    3. Web版の初期設定をする
    4. ユーザー情報を登録する
  3. クライアントPCからサーバーにアクセスする
    1. ブラウザでWeb版を利用する
    2. デスクトップ版プログラムをクライアントPCにインストールする
  4. TimeTracker NXをアンインストールする
    1. 不要になったデータベースを削除する
    2. クライアントPCからデスクトップ版をアンインストールする
    3. サーバーからアンインストールする

 

1. デスクトップ版プログラムをサーバーにインストールする

まずはサーバーマシンに対して、Web版より先にデスクトップ版をインストールします。また、デスクトップ版用のデータベースも合わせて作成します。
ダウンロードファイルの中にあるデスクトップ版のインストーラーを実行して、サーバーマシンにデスクトップ版をインストールします。
インストーラーを実行するとインストールウィザードが表示されるので、画面に従いインストールを進めます。インストール手順とデータベース作成手順の具体的な内容については、以下のドキュメントをご覧ください。

 サーバー向けデスクトップ版のセットアップ手順

  •  データベース作成時に出力したサーバ設定ファイル(TimeTracker.config)は「2.3 Web版の初期設定をする」の手順で利用するので、出力先をメモに控えておいてください。
  •  Web版のデータベースと同期をとるために必要なので、この時点で任意のプロジェクトを1つ作成します。プロジェクトの作成方法は、上記デスクトップ版セットアップ手順をご覧ください。

 

2. Web版プログラムをサーバーにインストールする

デスクトップ版のインストールが完了した後に、Web版をインストールします。Web版は、サーバーマシンに構築したWebサーバーを利用します。

 

2.1 IISを有効にする

Windowsには、標準搭載のWebサーバーであるIIS(Internet Information Services)があり、TimeTracker NXではこのIISを利用します。IISの機能はデフォルトでは無効になっているので、以下のリンク先にある「1.1 IISを有効にする」の手順でIISを有効にします。

 1台のサーバーにWeb版をインストールする - 1.1 IISを有効にする

 

 2.2 Web版をインストールする

ダウンロードファイルの中にあるWeb版のインストーラーを実行して、サーバーにWeb版をインストールします。
インストーラーを実行するとインストールウィザードが表示されるので、画面に従い以下の手順で進めます。

115012726988_09.png

  1. 最初の画面で[次へ]をクリックする。
  2. [使用許諾契約]の画面で「使用許諾契約書のすべての条項に同意します」を選択して、[次へ]をクリックする。
    115012726988_10.png
  3. [セットアップタイプの選択]画面で「標準」を選択し、[次へ]をクリックする。
    115012912407_01.png
  4. [Webサイトの選択]画面では、次の2つの選択肢からいずれかを選択し、[次へ]をクリックする。
    • 既存のWebサイト:以下のような場合に選択します。
      • TimeTracker NX以外にWebサイトやWebアプリケーションが存在しない場合
      • 既存のWebサイトやWebアプリケーションと管理(Webサイトの停止、再起動など)を共通にする場合
    • Webサイトを新規作成:以下のような場合に選択します。
      • 既存のWebサイトやWebアプリケーションと管理を分けたい場合

    [既存のWebサイト]を選択した場合は、リストボックスからTimeTracker NXを登録するWebサイトを選択してください。
    [Webサイトを新規作成]を選択した場合は、新規に作成するWebサイトの名前(「http://」の後に続く文字列)を入力してください。
     この時入力する文字列は、DNSで名前解決可能なコンピュータ名またはFQDN形式の名前としてください。
    115012912407_02.png

  5. [Webアプリケーション情報の入力]画面で[Webアプリケーション名]に任意の文字列を入力して、[次へ]をクリックする。
     ここで設定したWebアプリケーション名が、「http://(Webサイト名)/」の後に続く文字列になる。
    115012912407_03.png
  6. [通信プロトコルの選択]画面で、「通信プロトコルを追加する」または「既存の通信プロトコルを使用する」を選択して、[次へ]をクリックする。
    「通信プロトコルを追加する」を選択した場合は、「http」または「https」のいずれかを選択して、ポート番号を指定する。
    115012912407_04.png
  7. [インストールフォルダの指定]でWeb版のインストール場所を指定して、[次へ]をクリックする。
    115012912407_05.png
  8. [SQL Server Expressのインストールの選択]で「SQL Server Expressをインストールしない」を選択して、[次へ]をクリックする。
    115012912407_06.png
  9. [データベースサーバの選択]画面で以下の情報を指定して、[次へ]をクリックする。
    • データベースサーバ名:このサーバーのSQL Serverインスタンス
    • データベースサーバ管理者ユーザ名:上記データベースサーバに接続するSQL Serverの管理ユーザ名
    • データベースサーバ管理者パスワード:上記管理ユーザのパスワード
       データベースサーバの情報は、デスクトップ版でインストールしたSQL Serverの情報を入力します。
       [SQL Server Expressをインストールする]を選択し、SQL Server Expressを初期値のままインストールした場合、SQL Serverの管理者アカウントは以下の設定になります。
      アカウント ログイン名 パスワード
      SQL Server 管理者 sa Administrator///
    115012912407_07.png
  10. [データベースの作成]画面で、以下の項目を設定して[次へ]をクリックする。
    • データベース名:作成するデータベースの名前
    • データベース管理者ユーザ名:データベースの管理者権限を持たせるSQL Serverのユーザ名
    • データベース管理者パスワード:上記ユーザのパスワード
       推奨する条件を満たすパスワードを入力してください。
       条件を満たさない場合、インストール直後にエラーが生じる場合があります。
       エラーが発生したときは、TimeTracker NXを再インストールしてください。
    • パスワードの入力確認:「データベース管理者パスワード」で入力したパスワードを再入力
    • 復旧モデルの種類:デフォルト(単純)のままにしておきます。
    115012912407_08.png
  11. [Redisのインストールの選択]画面で「Redisをインストールする」または「Redisをインストールしない」を選択して、[次へ]をクリックする。
    RedisはTimeTracker NXのレスポンスを向上させるためにインストールするアプリケーションです。サーバーマシンにRedisがインストールされていない場合は、「Redisをインストールする」を選択する。
    「Redisをインストールする」を選択した場合は、Redisにアクセスするポート番号と、データを保存するデータベースの識別に使用するデータベース番号を設定する。
    この場合、次は手順13になる。
    115012912407_09.png
  12. [Redisの接続情報の入力]画面で以下の項目を入力し、[次へ]をクリックする。
    • ホスト名:Redisが稼働しているサーバのマシン名
    • ポート番号:Redisにアクセスするポートの番号
    • データベース番号:データを保存する先のデータベースを識別する番号
    115012912407_10.png
  13. [TimeTracker FX 3.Xとの連携・移行の選択]画面で、「TimeTracker FX 3.Xと連携・移行する」を選択する。
    [フォルダパス]に「サーバー向けデスクトップ版をインストールする」で控えておいたサーバ設定ファイルを指定して、[次へ]をクリックする。
    サーバ設定ファイルの初期位置は以下の場所になる。

     C:\Program Files (x86)\Denso Create\TimeTracker FX\

    115012726988_12.png
  14. [インストール準備完了]画面で[インストール]をクリックする。
    インストールが開始されるので、完了を待ちます。
  15. インストールの完了画面で、URLのチェックボックスにチェックしたまま、[完了]をクリックする。
    115012726988_13.png

以上でサーバーマシンにWeb版がインストールされました。
この時点では、まだWeb版を利用することができません。Web版を利用するために、次は初期設定を行います。

 

2.3 Web版の初期設定をする

 サーバーマシンにWeb版プログラムをインストールした段階では、まだWeb版は利用できません。Web版を利用できるようにするために、まずはシステム全体の設定(初期設定)を行います。
初期設定は[セットアップウィザード]の画面で実施します。Windowsを再起動するなどブラウザを閉じた場合は、デスクトップ上に存在する[TimeTracker NXセットアップウィザード]のショートカットをダブルクリックして下さい。

  •  TimeTracker NXが動作保証するブラウザは、Internet Explorer 11またはGoogle Chromeです。Windows Server 2008 64bit版をご利用になる場合は、上記ブラウザが利用可能なクライアントPCで、以降の手順を実施してください。

115012726988_14.png

セットアップウィザードでは以下の内容を設定します。

  • ライセンスキーの登録
  • デスクトップ版データベースとの関連付け
  • 管理者アカウントの登録

これらの設定をブラウザで表示したセットアップウィザードの画面に従って以下の手順で進めます。

  1. 最初の画面で[次へ]をクリックする。
  2. [ライセンスキーの入力]画面になるので、事前に準備したライセンスキーのメールからWeb版のライセンスキーを入力して[次へ]をクリックする。
     ライセンスキーの入力は、コピー&ペーストで行うことを推奨します。
    115012726988_15.png
  3. 以下の情報とメールに記載されたライセンス情報が一致することを確認後、[次へ]をクリックする。
    • プロダクトキー
    • ライセンス期間
    • 組織情報
    • エディション
    • ライセンス数
    115012726988_16.png
  4. [データベースの作成方法]画面で「TimeTracker FX 3.XとTimeTracker NXを両方とも利用する(相互連携)」を選択し、[次へ]をクリックする。
    115012726988_17.png
  5. [管理ユーザーの登録]画面で、TimeTracker NXのシステム設定画面にログインできる管理者ユーザーのアカウント情報(アカウント名、パスワード)を入力し、[次へ]をクリックする。
    システム設定画面では、アカウントや組織、役割の定義など、TimeTracker NXを利用するために必要な情報を設定します。
    115012726988_18.png
  6. [データベース接続情報の入力]画面で、デスクトップ版で作成したデータベースと連携するために、デスクトップ版のデータベースに対する接続情報(SQL Serverのログイン名、パスワード)を設定します。
    115012726988_19.png
  7. [対象プロジェクトの選択]画面で、デスクトップ版のデータベースに存在するプロジェクト一覧が表示されるので、「デスクトップ版プログラムをサーバーにインストールする」で作成したプロジェクトをチェックし、[次へ]をクリックする。
     プロジェクトが表示されない場合は、[クイック設定]で「すべて」を選択します。
    115012726988_20.png
  8. [工程分類・作業分類のマッピング]画面で、工程分類・作業分類それぞれの項目に、「アクティビティ1」・「アクティビティ2」を設定し、[次へ]をクリックする。
    115012726988_21.png
  9. [実行の確認]画面でセットアップ内容が表示されるので、データベースの作成内容と管理ユーザーの情報を確認して[実行]をクリックする。
    115012726988_22.png
  10. [確認]ダイアログが表示されるので、[OK]をクリックする。
  11. [セットアップの完了]画面が表示されるので、[管理画面へ移動]をクリックして次の手順に進む。
    115012726988_23.png

以上でサーバーマシンの準備が整いました。
Web版を利用するためには、ユーザーがログインできるようにユーザー情報を入力する必要があります。
次に案内する手順に従って、ユーザー情報の登録を行ってください。

 

2.4 ユーザー情報を登録する

これまでの手順ではまだ管理者のユーザー情報しか存在しないため、一般利用者はログインできません。一般利用者もログインできるように、管理者がログインしてユーザー情報を登録しましょう。管理者のログイン情報は「2.3 Web版の初期設定をする」で設定した管理ユーザです。
ユーザーがTimeTracker NXにログインできるようにするために必要な設定は以下の3つになります。この設定以外の項目については、必要になった時点で後から設定すれば問題ありません。

  • 組織情報
  • 権限情報(システムロール)
  • ユーザー情報

具体的な設定方法については、TimeTracker NX ヘルプの以下のコンテンツをご確認ください。

 組織を定義する
 システムロールを定義する
 アカウントを定義する

これでクライアントPCからTimeTracker NXにログインできるようになりました。引き続きクライアントPCからアクセスするには、以降の手順を参照してください。

 

3. クライアントPCからサーバーにアクセスする

クライアントPCからブラウザやデスクトップ版を利用してTimeTracker NXにアクセスする手順を説明します。

 

3.1 ブラウザでWeb版を利用する

クライアントPCでWeb版を利用するには、ブラウザを起動して以下のURLにアクセスします。

  •  http://(TimeTracker NXのサーバーマシン名)/TimeTrackerNX/login

ログイン画面が表示されるので、「2.4 ユーザー情報を登録する」で登録したユーザー情報でログインします。
実績工数やプロジェクトの管理など一通りの操作はWeb版のみでできるので、次の手順を省略してTimeTracker NXの運用を始めることができます。

より詳細に分析したり、Excelとデータを連携す場合は、次の手順を実施して、デスクトップ版をインストールします。なお、デスクトップ版のインストールは後から行うこともできるので、必要なタイミングで実施してください。

 

3.2 デスクトップ版プログラムをクライアントPCにインストールする

デスクトップ版を利用するには、アプリケーションとしてクライアントPCにインストールする必要があります。ダウンロードファイルの中にある、デスクトップ版のインストーラーを実行して、インストールを開始します。

クライアント向けにデスクトップ版をインストールする手順の具体的な内容については、以下のドキュメントをご覧ください。
 クライアント向けデスクトップ版のセットアップ手順

 

以上でTimeTracker NXにログインできました。
次のステップとして、ヘルプにて目的に応じたページを参照しつつ機能や操作を確認してください。

なお、機能を確認して不要になった環境のアンインストールについては、次の手順で実施します。

 

4. TimeTracker NXをアンインストールする 

TimeTracker NXをクライアントPCおよびサーバーマシンからアンインストールする手順を説明します。

 

4.1 不要になったデータベースを削除する

デスクトップ版およびWeb版のデータベースをサーバー上から削除します。また、Redisに含まれるTimeTracker NXの情報を削除します。これらのデータの削除手順は以下の手順になります。
なお、Web版のデータベースを削除するためには、あらかじめSQL Server Management Studioをインストールしてください。

  1. デスクトップ版のServer Managerを使用して、デスクトップ版のデータベースを削除する。
    詳細は Server Managerヘルプをご覧ください。
  2. Web版のデータベースを削除するために、SQL Server Management Studioを起動する。
  3. 2.2 Web版をインストールする」の手順9で設定したデータベース接続情報を使用して接続する。
  4. [オブジェクト エクスプローラー]から、[データベース]‐[(TimeTracker NXのデータベース名)]を右クリックする。
  5. 表示されるメニューから[削除]を選択する。
    115012912407_11.png
  6. [オブジェクトの削除]ダイアログが表示されるので、[OK]をクリックして削除する。
  7. [オブジェクト エクスプローラー]から、[セキュリティ]‐[ログイン]‐[(データベース管理ユーザー)]を右クリックする。
    データベース管理ユーザーは「2.2 Web版をインストールする」の手順10で設定したデータベース管理ユーザーです。初期値では「timetrackernx_user」です。
  8. 表示されるメニューから[削除]を選択する。
    115012912407_12.png
  9. [オブジェクトの削除]ダイアログが表示されるので、[OK]をクリックして削除する。
  10. Redisクライアントを起動する。
     Redisクライアントはデフォルトでは以下の場所にあります。
     C:\Program Files\Redis\redis-cli.exe
  11. 表示されるコンソール画面で以下のコマンドを実行します。
    flushall

    Redisを他のアプリケーションと共用している場合は、TimeTracker NXのインストール時に設定したRedis番号を使用して、以下2つのコマンドを実行します。
    select Redis番号
    flushdb
  12. コンソール画面を閉じます。

 

4.2 クライアントPCからデスクトップ版をアンインストールする

クライアントPCでは、デスクトップ版をインストールした場合のみアンインストール作業が必要になります。Web版のみ利用されているユーザーは作業が生じません。
デスクトップ版のアンインストールは以下の手順になります。

  1. [コントロールパネル]-[プログラムのアンインストール]にて「TimeTracker FX」を選択する。
  2. [アンインストール]をクリックして、デスクトップ版をアンインストールする。

  

4.3 サーバーからアンインストールする

サーバーマシンではデスクトップ版とWeb版両方のプログラムをアンインストールする必要があります。以下にこれらのプログラムをまとめてアンインストールする手順を紹介します。

  1. [コントロールパネル]-[プログラムのアンインストール]にて「TimeTracker NX」を選択する。
  2. [アンインストールと変更]をクリックする。
    115012726988_24.png
  3. TimeTracker NX のインストールウィザードが表示されるので、[次へ]をクリックする。
    115012726988_25.png
  4. [プログラムの保守]の画面で[削除]のアイコンを選択する。
    115012726988_26.png
  5. [TimeTracker NXの削除]の画面で、[削除]をクリックしてTimeTracker NXをアンインストールする。
  6. 続けてデスクトップ版(プログラム名:TimeTracker FX)をアンインストールする。
    アンインストール中に、アプリケーションを閉じる必要があるとのダイアログが表示されるので、[セットアップの完了後、アプリケーションを自動的に終了して、再起動する]を選択し、[OK]をクリックする。
    115012726988_27.png
  7. 「Microsoft SQL Server」を選択し、[アンインストール]をクリックする。
     他のツールでもSQL Serverを利用している場合は、TimeTracker FX用に作成したインスタンスのみ削除する。
    115012726988_28.png
  8. 「Redis on Windows」を選択し、[アンインストール]をクリックする。
    アンインストールを確認するダイアログが表示されるので、[はい]をクリックする。
  9. [サーバーマネージャー]-[ダッシュボード]で[役割と機能の追加]をクリックする。
  10. [役割と機能の追加ウィザード]が起動し[開始する前に]が表示されるので、[役割と機能の削除ウィザードの起動]をクリックする。
    115012726988_29.png
  11. [役割と機能の削除ウィザード]に切り替わるので、[次へ]をクリックする。
  12. [対象サーバーの選択]画面で以下の項目を選択し、[次へ]をクリックする。
    • 「サーバープールからサーバーを選択」
    • [サーバープール]に表示された本サーバーマシンの名前
    115012726988_30.png
  13. [サーバーの役割の削除]画面で[Web サーバー (IIS)]のチェックを外して、[次へ]をクリックする。
    115012726988_31.png
  14. [機能の削除]画面では、そのまま[次へ]をクリックする。
  15. [削除オプションの確認]画面では「必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する」にチェックして、[削除]をクリックする。
    自動的に再起動してもよいか確認のダイアログが表示されるので、[はい]をクリックする。
    115012726988_32.png
  16. [削除の進行状況]画面で、[機能の削除]にて機能が正常に完了したことを確認して、[閉じる]をクリックする。
    115012726988_33.png

 


コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

 アンケートに回答する