概要

プロジェクトの画面に表示を切り替えなくても、自分が担当するワークアイテム(未完了)の詳細情報(リソースやチェックアイテムなど)をマイページ上で更新することができます。ワークアイテムの詳細情報の管理に関連して、以下の機能を説明します。

  • Standard Editionでは、本機能は利用できません。
No. 機能 説明
1 フィールド値を更新する ワークアイテムのフィールド値を更新する。
2 リソースを割り当てる ワークアイテムの担当者をリソースとして割り当てる。
3 サブアイテムを管理する サブアイテムの追加・設定をする。
4 チェックアイテムを管理する チェックアイテムの追加・設定をする。
5 メンバーからのコメントを管理する コメントの追加・編集をする。

 

共通手順

ワークアイテムの詳細情報を更新するにあたり、共通の前提として以下の操作をまず行います。
115012218388_01.png

  1. TimeTracker NXのグローバルナビで[マイページ]をクリックする。
  2. 対象とするワークアイテムを選択する。
  3. ローカルナビの[アイテムプロパティ]アイコンcommon_1.pngをクリックする。

 

フィールド値を更新する

ワークアイテムのフィールド値(ステータスや進捗率)を更新することができます。

  • Standard Editionでは、子を持つワークアイテムの[名前]・[コード]・[説明]以外のフィールドは変更できません。

ワークアイテムのフィールド値を更新する手順は、以下のとおりです。

115012218388_02.png

  1. アイテムプロパティの[フィールド]タブcommon_1.pngをクリックする。
  2. 各フィールドの値を編集する。
  3. [保存]ボタンをクリックする。

 

リソースを割り当てる

ワークアイテムにリソース(担当者)の追加や削除をすることができます。リソースを割り当てることで実績工数の入力が可能になります。割り当てたリソースの中からリーダーを設定することができます。リーダーを設定すると、リーダーはマイページで自分が担当しているワークアイテムの進捗状況の確認や更新ができて、管理することができます。
リソースを変更する手順は、以下のとおりです。
115012218388_03.png

リソースを追加する

  1. アイテムプロパティの[リソース割り当て]タブcommon_1.pngをクリックする。
  2. リソース割り当ての[追加]アイコンcommon_2.pngをクリックする。
  3. 表示されたリストから対象メンバーを選択する。
    グループを選択する場合は、リストの下部に表示された[リストから選択]をクリックし、[追加]ダイアログで対象グループを追加する。
  4. [保存]ボタンをクリックする。 

リーダーを設定する

  1. アイテムプロパティの[リソース割り当て]タブcommon_1.pngをクリックする。
  2. 対象リソース名の左側の列をクリックし、星のマークを表示させる。
  3. [保存]ボタンをクリックする。

リソースの計画工数を編集する

  1. アイテムプロパティの[リソース割り当て]タブcommon_1.pngをクリックする。
  2. 対象リソースの[計画工数]列をクリックする。
  3. 計画工数を「計画工数の入力粒度」単位で入力する。
  4. [保存]ボタンをクリックする。

リソースを削除する

  1. アイテムプロパティの[リソース割り当て]タブcommon_1.pngをクリックする。
  2. リソースを選択する。
  3. リソース割り当ての[削除]アイコンcommon_3.pngをクリックする。
  4. [保存]ボタンをクリックする。

 

サブアイテムを管理する

サブアイテムとは、ワークアイテムの子アイテムのことをいいます。サブアイテムもワークアイテムとして利用することができます。アイテムプロパティ上で、選択したワークアイテムに対してサブアイテムの追加や削除、サブアイテムのステータスなどを変更することができます。
サブアイテムを管理する手順は、以下のとおりです。
115012218388_04.png

サブアイテムを追加する

  1. アイテムプロパティの[サブアイテム]タブcommon_1.pngをクリックする。
  2. 追加するサブアイテムのタイプcommon_2.pngを選択する。
    選択可能なアイテムタイプ
    No. アイテムタイプ 説明
    1 パッケージ 複数のタスクをまとめた単位で使用するアイテムです。
    フォルダツリーに表示されるのは、既定ではパッケージのみです。
    プロジェクトの特定の範囲のみを絞り込んで表示するのに便利です。
    例えば、工程(設計、開発、テストなど)単位でまとめておくと、
    確認対象とする工程のみを表示することができ、見やすくて便利です。
    2 タスク プロジェクトを構成する作業の基本となる単位です。
    実績入力できるのは、既定ではタスクのみです。
    タスクにもワークアイテムを追加することができますが、
    既に実績工数が入力されているタスクには、追加できません。
  3. サブアイテムの名前common_3.pngを入力する。
  4. Enterキーを押す。もしくは[+]ボタンcommon_4.pngをクリックする。
    • 実績のあるワークアイテムに追加することはできません。

サブアイテムを削除する

  1. アイテムプロパティの[サブアイテム]タブをクリックする。
  2. 対象サブアイテムを右クリックする。
  3. [削除]を選択する。

サブアイテムを編集する

  1. アイテムプロパティの[サブアイテム]タブをクリックする。
  2. サブアイテムの以下の項目を編集する。
    No. 変更項目 操作
    1 ステータス リストから選択する。
    2 期間 開始日と終了日を入力する。
    3 リーダー リストから選択する。
    •  

チェックアイテムを管理する

チェックアイテムは、アイテムの下にチェックアイテムを登録し、アイテムのチェックリストやToDoリストとして利用することができます。アイテムとして管理するには細かすぎるアイテムは、チェックアイテムとして管理すると便利です。チェックアイテムを完了にすると、進捗率に自動で反映され、進捗管理に利用することができます。
チェックアイテムの操作は[アイテムプロパティ]の[チェックアイテム]タブcommon_1.pngで行います。

  • Standard Editionでは、チェックアイテムを使用できません。

115012218388_05.png

チェックアイテムを追加する

  1. アイテムプロパティの[チェックアイテム]タブcommon_1.pngをクリックする。
  2. チェックアイテムの名前common_2.pngを入力する。
  3. 以下の操作でチェックアイテムを追加する。
    No. 操作 説明
    1 Enter もしくは[+]ボタンcommon_3.png 選択したアイテムのサブアイテムとして末尾に追加する。
    2 Ctrl + Enter 選択したアイテムの下に追加する。
    3 Shift + Enter 選択したアイテムの上に追加する。
    • 追加したチェックアイテムはドラッグ&ドロップで移動することができます。

チェックアイテムを削除する

  1. アイテムプロパティの[チェックアイテム]タブをクリックする。
  2. チェックアイテムを右クリックする。
  3. [削除]を選択する。

チェックアイテムを完了にする

  1. アイテムプロパティの[チェックアイテム]タブをクリックする。
  2. 完了にする場合は、[完了]common_4.pngをチェックする。
    未完了にする場合は、[完了]のチェックを外す。

 

メンバーからのコメントを管理する

アイテムに対する進捗報告などをコメントとして登録することができます。登録したコメントはプロジェクトにリアルタイムに反映されます。時系列で表示し、報告内容を共有することができます。
コメントの操作は、[アイテムプロパティ]の[コメント]タブcommon_1.pngで行います。
115012218388_06.png

コメントを追加する

  1. アイテムプロパティの[コメント]タブcommon_1.pngをクリックする。
  2. [コメント入力]エリアにコメントcommon_2.pngを入力する。
  3. Enterキーを押す。もしくは[コメント]アイコンcommon_3.pngをクリックする。

コメントを削除する

  1. アイテムプロパティの[コメント]タブをクリックする。
  2. コメントを右クリックする。
  3. [削除]を選択する。

コメントの内容を更新する

  1. アイテムプロパティの[コメント]タブをクリックする。
  2. コメントを右クリックする。
  3. [編集]を選択する。
  4. コメントを修正する。

コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

 アンケートに回答する