デスクトップ版のインストール(サーバー)

概要

このページでは、デスクトップ版をサーバーにインストールして、クライアントPCのデスクトップ版からアクセスできる状態にします。

  1. サーバーマシンを準備する
  2. データベースサーバーを準備する
  3. サーバーマシンにデスクトップ版をインストールする
  4. Server Managerでデータベースを作成する
  5. Administratorで初期設定を行う

 

1. サーバーマシンを準備する

TimeTracker NXのデスクトップ版をインストールするサーバーマシンを準備します。

 

2. データベースサーバーを準備する

 少人数(5名程度)で運用される場合は、TimeTracker FXに同梱のデータベースサーバー(SQL Server Express)をインストールしてご利用いただけます。

既存のデータベースサーバを利用することもできます。以下の内容でSQL Serverを設定してください。

認証モード
混合認証
ネットワークの構成
TCP/IPを有効化、名前付きパイプを無効化

 Windows認証モードでは、TimeTracker NXは利用できません。

 SQL Server のインストール方法を 弊社Webサイトで公開しています。

 

3. サーバーマシンにデスクトップ版をインストールする

サーバマシンに、デスクトップ版のサーバマシン用アプリケーション、管理ツールなどをインストールします。
TimeTracker NXのインストーラー内にある、デスクトップ版インストーラー「TimeTrackerFXSetup.exe」を起動します。

インストーラを実行する

インストーラを実行します。
画面の表示内容に従い、インストールを進めます。

セットアップタイプで[サーバマシンセットアップ]を選択する

サーバマシンで動作するサーバタスクの他に、Server Managerと全てのクライアントツールをインストールします。

Excel連携アドインのインストールの有無を選択する 

Excel連携アドインは、Excel上でTimeTracker NXのプロジェクト計画を編集できるExcelのアドインプログラムです。
通常はサーバーマシンでは使用しません。[Excel連携アドインをインストールしない]を選択してください。

 Excel連携アドインはProfessional Editionのみで利用できます。Standard Editionを利用される場合はインストールしないでください。

インストールを開始する 

[インストール]ボタンをクリックすると、インストールを開始します。 

  •  インストール対象機能にServer Managerが含まれていた場合は、インストール完了後にライセンスキー登録画面が表示されます。
    メールにて送付された[プロダクトID]と[ライセンスキー]を入力してください。
    (ここで入力しない場合は、Server Manager起動時に入力できます)

 

4. Server Managerでデータベースを作成する

TimeTracker FXのデータベースを作成します。プロジェクト計画や作業実績など、TimeTracker FXのすべてのデータはこのデータベースに保存します。

Server Manaegrを起動する

以下をクリックし、Server Managerを起動します。

  • Windows[スタート]メニュー-[プログラム]-[TimeTracker FX]-[Server Manager]
  •  インストール時にライセンスキーが未登録の場合は、インストール後のServer Manager初回起動時にライセンスキーの登録が必要です。
  •  プロダクトIDとライセンスキーは、電子メールで送付しています。

データベース作成/更新ウィザードを開く

[データベースを新規に作成またはアップグレードする]をクリックし、[データベースを新規に作成する]を選択します。

サーバ接続情報を入力する

データベースの作成に必要な情報を入力して、接続が成功することを確認します。
 

  •  [SQLExpressSetup.vbs]からインストールしたSQL Server Expressの管理者ログインは「sa」、パスワードは「Admin///」です。
  •  管理者ログインのパスワードが空白の場合は接続できません。パスワードを変更してください。
  •  [Windows認証]では接続できません。認証モードを[混合認証]に変更してください。
  •  接続確認に失敗した場合は、以下の内容をご確認ください。
    • データベースサーバ名が誤っていないか
    • データベースサーバのサービスが停止していないか
    • 管理者ログイン、またはパスワードが誤っていないか

データベース名を入力する

作成するデータベース名を入力します。

サーバ設定ファイルの出力先フォルダを指定する 

[参照]ボタンをクリックして、[サーバ設定ファイル]を出力するフォルダを指定します。

  •  サーバ設定ファイルは、デスクトップ版のログイン時やWeb版のインストール時に使用します。
    後の手順で必要となるため、出力先フォルダは忘れないようにメモしておいてください。

ライセンスキーを登録する

[プロダクトID]と[ライセンスキー]を入力します。 

  •  登録済みの有効なプロダクトIDとライセンスキーが既定で表示されます。
    エディションやライセンス数等に変更がある場合は、この画面でプロダクトIDとライセンスキーを更新してください。
  •  プロダクトIDとライセンスキーは、電子メールで送付しています。
  •  [ライセンス情報]の[ライセンス数]、[有効期限]、[エディション]が正しいことを確認してください。

設定内容の確認とデータベースの作成を開始する 

作成するデータベースの設定内容が正しいことを確認して、データベースの作成を開始します。 

サーバ設定ファイルを展開する 

メモしておいたサーバ設定ファイルを、以下のいずれかの方法で利用者に展開します。 

  •  共有フォルダに公開する(推奨)
    管理者がネットワーク上の共有フォルダにサーバ設定ファイルを保存します。
    利用者はデスクトップ版でログイン時に、管理者から案内された共有フォルダを指定します。
  • 利用者に配布する
    管理者がサーバ設定ファイルを各クライアントPCに配布します。
    利用者は配布されたサーバ設定ファイルを任意のフォルダに保存して、デスクトップ版のログイン時にそのフォルダを指定します。

 

5. Administratorで初期設定を行う

Administratorで、デスクトップ版を利用するために必要な設定を行います。
TimeTracker NXの管理を行う管理者のPCで実施します。

Administratorにログインする

Administratorを起動して、以下の設定を行いログインします。

  •  ログイン後に、[ファイル]メニューの[パスワードの変更]をクリックしてパスワードを変更します。
  •  変更したパスワードは大切に管理してください。

 Administratorでデスクトップ版の設定を行う

 デスクトップ版を使うためには、以下の設定が必要です。

  • 組織の定義
  • 役割の定義
  • アカウントの編集

 設定方法の詳細は Administratorガイドをご覧ください。

 


コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

 アンケートに回答する