アイテムレポートの概要

アイテムレポートは、プロジェクトの任意の範囲に対して進捗状況や工数の状況などを、簡単に分析する機能です。アイテムレポートでは指定した範囲の工数推移などをグラフで表示し、視覚的に確認することができます。例えば特定の工程における活動ごとの工数比率を確認して品質が確保できているか確認したり、ワークアイテムの消化状況を表示して対象工程の進捗状況を確認することができます。アイテムレポートを利用するにあたり、以下の内容について説明します。

  • Standard Editionでは、本機能を利用できません。
No. 内容 説明
1 アイテムレポートを表示する アイテムレポートを利用して何ができるかを紹介する。
2 初めてアイテムレポートを使用する プロジェクトごとに、初めてアイテムレポートを使用する際の手順について説明する。
3 アイテムレポートの使い方 アイテムレポートの基本的な使い方について説明する。

 

アイテムレポートでできること

 アイテムレポートはダッシュボードと同様に各種ウィジェットを活用することで、以下のようなことができます。

No. ウィジェット 説明
1 工数サマリ 任意の期間で集計した工数をグラフで表示する。
2 工数推移 集計した工数を時系列にグラフで表示する。
3 ワークアイテムサマリ ワークアイテムの件数をグラフで表示する。
4 ワークアイテム推移 ワークアイテムの件数を時系列にグラフで表示する。

 これによって工程ごとのワークアイテム消化数と品質活動状況を並べて確認したり、分析したい内容を独自に見やすくレイアウトすることで、簡単かつすぐに分析することができます。

 

アイテムレポートを表示する

アイテムレポートはプロジェクト画面から表示を切り替えることで利用できます。初めは空白の状態なので、初めてアイテムレポートを使用する際の手順を以下に紹介します。
115011052988_01.png

  1. プロジェクトの画面のローカルナビで[アイテムレポート]アイコンcommon_1.pngをクリックする。
  2. ローカルナビの[ウィジェットを追加]アイコンcommon_2.pngをクリックする。
  3. [ウィジェット選択]ダイアログで追加するウィジェットを選択する。
  4. [OK]ボタンをクリックする。
  5. 左側のフォルダツリーcommon_3.pngから、表示対象にするパッケージを選択する。

以上でアイテムレポートを表示することができました。フォルダツリーで選択するパッケージを変更すれば、ウィジェットで集計するデータがすべて変わるので、見たい範囲を切り替えつつ状況を確認することができます。 

 

ユーザーやアイテムの工数をグラフで比較する

工数サマリウィジェットでは、ユーザーやワークアイテムの工数をモニタリングすることができます。指定された任意の期間で集計した工数(計画・実績)をグラフで表示します。ユーザーやワークアイテムごとにプロジェクトごとで工数を簡単に比較することができます。

 

ユーザーやアイテムの工数の推移をグラフで見る

工数推移ウィジェットでは、ユーザーやワークアイテムの工数の推移をモニタリングすることができます。集計した工数を時系列でグラフ表示します。ユーザーやワークアイテムの工数の推移を簡単に確認することができます。

アイテムの進捗状況をモニタリングする

ワークアイテムサマリウィジェットでは、ワークアイテムの進捗状況をモニタリングすることができます。ステータスやリーダーごとにワークアイテムの件数をグラフで表示することができます。例えば、ステータスを指定してワークアイテムの件数を表示します。未着手のワークアイテム数と完了したワークアイテム数の割合を確認することができるので、ワークアイテムの消化状況が簡単にわかります。

アイテムの進捗状況の推移をモニタリングする

ワークアイテム推移ウィジェットでは、ワークアイテムの進捗の推移をモニタリングすることができます。ステータスやリーダーごとにワークアイテムの件数を時系列でグラフ表示することができます。例えば、ステータスを指定してワークアイテムの件数を時系列で表示します。時間の経過とともに完了したワークアイテム数が増えていく様子を確認することができ、プロジェクトが順調に進んでいるかどうか簡単にわかります。

 

初めてアイテムレポートを使用する

アイテムレポートを使用するには、まずページを作成する必要があります。ページの作成はプロジェクトごとに作成する必要があります。作成したページ上にウィジェットを追加していきます。初めてアイテムレポートを使用する際の手順は、以下のとおりです。 
115011052988_N01.png

  1. 対象プロジェクトを開く。
  2. プロジェクトの画面のローカルナビで[アイテムレポート]アイコンcommon_1.pngをクリックする。
  3. ローカルナビの[新しいページ]アイコンcommon_2.pngをクリックする。
  4. ローカルナビで[ウィジェットを追加]アイコンcommon_3.pngをクリックする。 
  5. [ウィジェット選択]ダイアログで追加するウィジェットを選択する。
  6. [OK]ボタンをクリックする。

 

アイテムレポートの使い方

アイテムレポートに表示するウィジェットはページ単位で管理します。複数のページを設けることで、ウィジェットをテーマごとに管理することができます。アイテムレポートのページやウィジェットの操作について、基本的にはダッシュボードと同じ操作になります。そのため、使い方の紹介は[ダッシュボードの使い方]を確認してください。

 


コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

 アンケートに回答する