概要

プロジェクトの進捗状況をガントチャート上で見える化して確認することができます。プロジェクトの進捗管理に関連して、以下の機能を説明します。

No. 機能 説明
1 ワークアイテムの進捗率を入力する 進捗を管理するために個々のワークアイテムに様々な方法で進捗率を入力する。
2 イナズマ線を表示する イナズマ線で進捗状況を視覚的に確認する。
3 ベースラインを表示する 現在の計画と過去の計画を比較し、差分を確認する。
4 実績線を表示する 実績工数が入力されている期間の線を表示し、計画の線と比較することで作業の実施状況を確認する。
5 クリティカルパスを表示する プロジェクトの進捗管理において重要なアイテムを確認する。
6 ステータスで進捗を管理する 進捗状況を進捗率の数値ではなく、意味のある文字列で表現し管理する。
7 ワークアイテムの状態を完了にする ワークアイテムの[完了]・[未完了]状態で進捗を管理する。
8 チェックアイテム(ToDoリスト)で進捗を管理する タスクの作業をToDoリストのアイテムに細分化し、アイテムの完了状況で管理する。
9 残り作業時間で進捗を管理する 進捗率を計画工数と残り作業時間で算出し管理する。
10 クイックウォッチで進捗を管理する プロジェクト内のタスクを目的別に一覧表示し、問題の有無や優先度を確認する。

 

ワークアイテムの進捗率を入力する

TimeTracker NXでの進捗管理においては、各ワークアイテムの進捗率の値に基づく様々な見える化のしくみが搭載されています。そこで、まず進捗率を入力してみましょう。

 

プロジェクト画面で進捗率を入力する

プロジェクト画面で名前や期間、計画工数を変更する場合と同様に、[進捗率]フィールドの値が更新できます。プロジェクトの計画を確認しつつ進捗状況を更新したり、プロジェクトの進捗会議で担当者の状況を確認しつつ、各作業の進捗状況をプロジェクトに反映するような場面で活用できます。

対象ワークアイテムの進捗率フィールドをダブルクリックするか、F2キーを押下することで編集可能な状態になります。数値を入力後にEnterを押下すると、入力した値が反映されます。

 

タイムシート画面で進捗率を入力する

タイムシートでは実績を入力することができますが、それに加えてワークアイテムの進捗率を更新することもできます。進捗率の入力は、ワークアイテムの詳細情報を表示するアイテムプロパティで行います。アイテムプロパティの情報を更新することで、プロジェクトの情報が直接更新されます。

タイムシートの画面上で実績を入力しながら各作業の進捗率が更新できるので、画面を切り替えることなく複数の作業を行うことができます。アイテムプロパティからは以下の操作で進捗率が更新できます。

  1. タイムシート画面右上の[アイテムプロパティ]ボタンcommon_1.pngをクリックする。
    360013287234_01.png
  2. アイテムプロパティを表示するワークアイテムを選択する。
  3. アイテムプロパティの[フィールド]タブcommon_2.pngをクリックする。
    360013287234_02.png
  4. [進捗率]フィールドの数値を更新する。
  5. [保存]ボタンをクリックする。

なお、タイムシートだけでなくマイページのアイテムプロパティからでも、進捗率を更新できます。

 

進捗率の決定方法を決める

上記のように進捗率を直接入力する以外にも、現場に合わせた様々な進捗率の管理方法が用意されています。アイテムごとに進捗率の管理方法を指定できるので、作業の規模や難度、体制などに応じて柔軟に進捗を管理することができます。

用意されている具体的な進捗率の決定方法については、[ワークアイテムを編集する]の[フィールド値を自動で設定する]を参照してください。

  • 進捗率を直接入力すると、進捗率の決定方法は自動的に[ユーザー入力]に更新されます。

 

イナズマ線を表示する

イナズマ線は各アイテムの計画に対する遅れや進み具合を線で表したものです。イナズマ線により、ガントチャート上で各タスクの進捗状況を確認することができます。本日線(本日の位置を示した線)よりも左にある場合は、その分だけ計画よりも遅れていることを示します。右にある場合は、計画よりも進んでいることを示します。
115010445247_N46.png

  • イナズマ線は現在の進捗率を達成すべき日が、計画した期間のどこにあたるかを示します。そのため、本日からイナズマ線の表示までの間隔が遅延または前倒しした日数になります。イナズマ線が指し示す具体的な日付は、アーンドバリューの指標値であるSPIによって、以下の計算式で決まります。
  • SPIが1以下のとき(進捗が予定どおりまたは遅れている場合)
    開始日+(SPI×経過稼働日数)
  • SPIが1より大きい時(進捗が前倒しになっている場合)
    今日+{(実績進捗率-計画進捗率)/(100-計画進捗率)×(今日から終了日までの稼働日数)}

 

イナズマ線を表示する

イナズマ線を使用して、現時点での進捗状況を確認することができます。115010445247_01.png

操作手順

  1. 対象プロジェクトを開く。
  2. ツールバーの[イナズマ線の表示]アイコンcommon_1.pngをクリックし、選択状態にする。

 

過去のイナズマ線を表示する

過去のイナズマ線を表示することができます。過去のイナズマ線は複数表示され、現在のイナズマ線と比較して進捗状況の遷移を確認することができます。
過去のイナズマ線は、過去に保存されたプロジェクト計画を元に表示されるので、イナズマ線の状態を手動で保存する必要はありません。

  • Standard Editionでは、過去のイナズマ線を表示できません。

115010445247_02.png

操作手順

  1. 対象プロジェクトを開く。
  2. ツールバーの[過去のイナズマ線の表示]アイコンcommon_1.pngをクリックし、選択状態にする。

過去のイナズマ線を表示する範囲は、以下のとおりです。

No. 表示単位 表示範囲
1 1週間間隔で過去4週間分を表示する。
2 1週間間隔で過去4週間分を表示する。
3 1カ月間隔で過去4ヵ月分を表示する。

 

ベースラインを表示する

ベースラインは、過去のある時点のプロジェクト情報を保存したもので、計画の履歴情報になります。現在の計画と過去の計画を比較して、差分をガントチャート上で確認することができます。ベースラインは毎日自動で保存されます。
115010445247_N05.png

カーソルをガントチャートの期間に移動するとベースラインとの差分がポップアップ画面で表示され、延期した期間や増加した工数を確認することができます。

操作手順

  1. 対象プロジェクトを開く。
  2. ツールバーの[ベースラインの表示]アイコンcommon_1.pngをクリックし、選択状態にする。
  3. [ベースラインの日付]に対象ベースラインの日付を入力する。
  • カーソルをガントチャートの対象ワークアイテムに移動すると、ベースラインとの差分がポップアップ画面で表示され、延期した期間や増加した工数を確認することができます。
    115010445247_N06.png

 

ガントチャートに実績の線を表示する

実績線は、実績工数が入力されている期間を線で表したものです。計画に沿って作業が実施されているか、確認することができます。ガントチャート上に計画期間のガントバーと実績線を表示して比較します。
115010445247_04.png

操作手順

  1. 対象プロジェクトを開く。
  2. ツールバーの[実績線の表示]アイコンcommon_1.pngをクリックし、選択状態にする。

 

クリティカルパスを表示する

クリティカルパスは、進捗の遅れがプロジェクトの遅れに直結する一連のワークアイテムを示すパスです。クリティカルパスを表示することで、プロジェクトの進捗管理における重要なワークアイテムを簡単に確認することができます。クリティカルパスに含まれるワークアイテムは、ガントチャート上で強調して表示されます。
360013287234_04.png

操作手順

  1. 対象プロジェクトを開く。
  2. ツールバーの[クリティカルパスの表示]アイコンcommon_1.pngをクリックし、選択状態にする。
  • クリティカルパスは、表示しているWBSを対象とします。
    例えば、フォルダツリーで「設計工程」を選択して表示していた場合、クリティカルパスは「設計工程」におけるクリティカルパスになります。
  • クリティカルパスは、表示されているワークアイテムのみを対象として判定します。本来はクリティカルパスとなるワークアイテムでも、そのクリティカルパスの一部が、フィルタの適用やWBSを折りたたむことで非表示となった場合、強調表示されない場合があります。
    クリティカルパスを表示する場合はフィルタを解除し、WBSをすべて展開することをお勧めします。

 

ステータスで進捗を管理する

ワークアイテムの状況を把握しやすくするために、完了までの状態を「ステータス」として段階的に定義することができます。客観的に進捗状況を定義することができるため、よりシンプルかつ明示的に進捗状況を管理することができます。進捗率よりも進捗状況の段階が単純化されるので簡易に進捗管理ができます。ステータスにはその状態に応じた進捗率を関連付けられるので、進捗率と連動した管理にも対応しています。

ワークアイテムにステータスを設定する

115010445247_N02.png

  1. 対象プロジェクトを開く。
  2. 対象ワークアイテムを選択する。
  3. ローカルナビの[アイテムプロパティ]アイコンcommon_1.pngをクリックする。
  4. [ステータス]common_2.pngをクリックし、リストから状況にあったステータスを選択する。

ステータスに進捗率を対応付ける

  1. 対象プロジェクトを開く。
  2. ローカルナビの[設定]をクリックする。
  3. 左側のサイドメニューからステータスをcommon_1.png選択する。
    ※ステータスはアイテムタイプごとに定義する。
  4. 表示されるステータスに対して、対応する進捗率を設定する。

 

ワークアイテムを完了にする

進捗率やステータスの状況によらず、ワークアイテムの状態(完了・未完了)が簡単に切り替えられます。この完了・未完了の状態に連動して、進捗率やステータスの値は更新されます。

状態を[完了]にすることで、そのワークアイテムの進捗率は100%になります。[完了]から[未完了]にすると、そのワークアイテムの進捗率は0%に更新されます。

操作手順

  1. 対象プロジェクトを開く。
  2. 対象ワークアイテムを選択する。
  3. 右クリックして表示されるメニューから、[完了/未完了]の[完了にする]を選択する。
  • 未完了にする場合は、[未完了にする]を選択します。
 
  • TimeTracker NX 4.2以降ではツールバーの[完了にする]common_1.pngをクリックすることでも、選択したアイテムのステータスを[完了]にすることができます。
    360013287234_03.png

 

チェックアイテム(ToDoリスト)で進捗を管理する

チェックアイテムは、ワークアイテムとするには細かい作業について、ワークアイテムの下に定義して管理するものです。各ワークアイテム(タスク)の詳細な作業あるいはToDoリストの管理に活用できます。チェックアイテムを完了にすると、完了したチェックアイテムの比率に応じてワークアイテムの進捗率に反映されるため、進捗管理にも活用できます。

設定・更新されたチェックアイテムの情報はプロジェクト管理画面にすぐに反映されます。また、チェックアイテムはタイムシートの画面上でも同様に操作できます。

  • Standard Editionでは、チェックアイテムを使用できません。

チェックアイテムの操作は[アイテムプロパティ]の[チェックアイテム]タブcommon_1.pngで行います。
115010445247_06.png

 

チェックアイテムを登録する

チェックアイテムを登録して、チェックリストやToDoリストの項目にできます。

操作手順

  1. アイテム名の入力欄common_2.pngにチェックアイテムの名前を入力する。
  2. Enterキーを押す。もしくは[+]ボタンをcommon_3.pngクリックする。
  3. [保存]ボタンをクリックする。

チェックアイテムを完了にする

チェックアイテムを完了状態にして完了した項目を明らかにします。完了状態にするには、チェックアイテムの前にあるチェックボックスcommon_4.pngをチェックします。

チェックアイテムを削除する

不要になったチェックアイテムを削除できます。

操作手順

  1. 対象のチェックアイテムを右クリックする。
  2. 表示されるメニューから[削除]を選択する。

 

残り作業時間で進捗を管理する

進捗率を計画工数と残り作業時間から算出し表示します。残り作業時間には、あとどれくらいでその作業が完了するのかを設定します。

作業開始前には、計画工数と同じ値を残り作業時間に設定します。作業の進捗に合わせて残作業時間を減らしていくことで、進捗率が増加します。残り作業時間はタイムシートからも設定することができます。

操作手順

  1. 対象プロジェクトを開く。
  2. 対象ワークアイテムの[進捗率]を右クリックする。
  3. [決定方法]のリストから「進捗率(残作業時間)」を選択する。
  4. 対象ワークアイテムの[残り作業時間]に計画工数と同じ値を設定する。

下図では、初期状態で残り作業工数に計画工数と同じ値が設定されています。
115010445247_N03.png

作業が進むにつれ、残り作業時間を減らしていくと進捗率が増加します。
115010445247_N04.png

クイックウォッチで進捗を管理する

クイックウォッチは、プロジェクト内のタスクを目的に応じた一覧表示で確認できる便利な機能です。例えば、問題発生の有無やタスクの優先度を確認するために、タスクを作業の遅れが大きい順や期日の近い順に並べて一覧表示します。クイックウォッチを活用することで、リスクの高いタスクがどれかなど作業のツリー構造(WBS)だけでは見えにくかったプロジェクト状況が簡単に確認できるようになります。

  • Standard Editionでは、本機能は利用できません。

操作手順

  1. 対象プロジェクトを開く。
  2. ローカルナビの[クイックウォッチ]アイコンcommon_1.pngをクリックする。
    115010338707_N40.png

    以下の例では、遅れ日数の大きい順で表示しています。遅れが大きいほど優先度が高いワークアイテムであると判断し、作業を進められます。
    115010445247_10.png
    ワークアイテム名をクリックすると、対象のワークアイテムがプロジェクトのWBS上で選択状態になります。

 

ワークアイテムの表示順は以下から選択することができます。

No. 表示順 説明
1 遅れ日数順 遅れ日数の大きい順に表示します。
遅れが大きいアイテムを確認することで、作業の優先度を判断することができます。
2 期日順

期日順に並べて表示します。
期日順に整理して並べることで、いつどのアイテムの作業を実施すべきか判断できます。

3 作成日順

作成日の降順または昇順で表示します。
直近で追加されたアイテムを一覧で確認したい場合に便利です。

4 更新日順 更新日の降順または昇順で表示します。
最近情報が更新されたアイテムを一覧で確認したい場合に便利です。

 

[リソースウォッチ]アイコンをクリックすることで、リーダー単位で進捗の遅れを確認することもできます。
115010445247_13.png

遅れ日数は、担当しているワークアイテムの中で一番遅れているものを表示します。リソース名をクリックすると、リソース負荷画面が表示されます。

 


コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

アンケートに回答する