クイックレポートで工数を分析する

概要

タイムシート上の工数データをリアルタイムで見える化するしくみ、それがクイックレポートです。
グラフ化された実績工数は、入力画面の実績と表示色が連動しているので、どのプロジェクト、どの作業にいつどれくらい時間を使ったのかが一目で分かります。
工数を入力しながら、自分の仕事内容を簡単に振り返ることで、ムリ・ムダ・ムラを洗い出し、改善につなげることができます。

クイックレポートには組込みレポートとカスタムレポートの2種類があり、目的に合わせて使い分けることができます。

組込みレポート [工数の多いプロジェクト]など、あらかじめ用意されている設定(レポート)で、すぐに利用することができます。
カスタムレポート 独自に集計する工数を設定し、自分が分析したい工数(例えば「割り込み作業」など特定の属性の工数)を集計することができます。
複数のレポートを作成でき、目的に応じて使い分けることができます。


ここでは組込みレポートの使い方に関して、以下の内容を紹介します。カスタムレポートを使う場合は、クイックレポートで工数を独自の視点で分析するをご覧ください。

No. 内容 説明
1 クイックレポートの見方 クイックレポートで表示する内容や、実績との関連について説明する。
2 クイックレポートでできること クイックレポートの機能を説明する。
3 クイックレポートを表示する タイムシートの画面にクイックレポートを表示する操作を紹介する。
4 レポートの種類を切り替える クイックレポートで表示するレポートを切り替える操作を紹介する。
5 レポートの種類 TimeTracker NXであらかじめ用意されているレポートを紹介する。
6 集計期間を変更する クイックレポートで集計する実績の対象範囲を指定する操作を紹介する。

 

クイックレポートの見方

クイックレポートは、工数の集計項目であるグループごとに集計された工数を表示する箇所と、その工数の比率を円グラフで表示するチャートがあります。これによりグループごとの具体的な工数の値と、全体に占める割合を確認することができます。
クイックレポートは様々な種類のレポートに切り替えて工数を分析することができます。また、工数を集計する期間を任意に指定することができます。

クイックレポートを表示すると、タイムシートの実績の色はクイックレポートに合わせて切り替わります。実績とクイックレポートの色が連動することで、日々の活動が視覚的に把握しやすくなります。
_________________4.png

 

クイックレポートでできること

クイックレポートの画面では以下のことができます。

No. 機能 説明
1 表示するレポートを切り替える 利用可能なレポートの一覧から、画面上に表示するレポートを選択します。
2 工数の集計期間を指定する クイックレポートで工数を集計する期間を、タイムシートで表示している期間・1か月・任意の期間から選択します。
3 グループ別の工数集計結果を表示する 工数を集計する項目(グループ)と、集計された工数ならびに、グループに設定された条件を表示します。
また、画面上のツールバーの表示・非表示を切り替えることもできます。
4 グラフを表示する 工数の集計結果を円グラフで表示します。
5 カスタムレポートを追加する 新規にカスタムレポートを追加します。
追加したカスタムレポートは順序を変更したり、構成を変更することができます。
6 レポートを出力する クイックレポートの集計結果をPDFファイルとして出力します。
集計結果に対してコメントを残すこともできます。
また、工数の集計結果のデータをクリップボードにコピーして、他のアプリケーションに貼り付けることができます。

 

クイックレポートを表示する

タイムシートのクイックレポートを表示するには、画面右上の「クイックレポート」NumIcon1.pngをクリックします。入力された実績工数は、すぐにクイックレポートに反映されます。また、再度クリックすることでクイックレポートを非表示にすることもできます。
_________________5.png

 

下記の図では、クイックレポートの種類を「工数の多いプロジェクト」にした場合です。
_________________6.png


実績工数を入力した際に工数が再集計され、工数の集計結果やグラフの表示が更新されます。クイックレポートで対象の週にどんな作業を行っていたか、すぐに分析することができます。

 

レポートの種類を切り替える

クイックレポートでは表示するレポートを切り替えることができます。目的に合ったレポートに切り替えることで、すぐに適切な工数分析を行うことができます。
クイックレポートの表示を切り替えるには、[種類]のリストから表示するレポートの種類を選択します。レポートの種類を選択するたびにクイックレポートの表示が切り替わります。レポートの種類で「工数の多いプロジェクト」や「工数の多いワークアイテム」を表示することで、どこに工数を費やしているのか一目でわかります。工数の割合が想定した割合で配分できているか確認したり、週報や月報などの参考資料として利用することができます。
_________________8.png

レポートの種類は、以下のとおりです。

 

レポートの種類

あらかじめ用意されている組み込みレポートの種類は、以下のとおりです。
それぞれのレポートでは、工数の多い上位5項目とそれ以外の工数をまとめた[その他]の項目で工数を表示します。

No. 種類 説明
1 工数の多いプロジェクト 実績工数をプロジェクトごとに集計します。
[利用場面]
 ・自分の作業内容を大まかに把握したい
2 工数の多いワークアイテム 実績工数をワークアイテムごとに集計します。
[利用場面]
 ・自分の作業内容をタスクレベルで振り返りたい
3 工程分類 実績工数を工程分類ごとに集計します。
[利用場面]
 ・タスクよりも細かい工程の視点で自分の工数を集計したい
 ・工程ごとに投入した時間の比率を見える化したい
4 作業分類 実績工数を作業分類ごとに集計します。
[利用場面]
 ・タスクよりも細かい作業の単位で作業工数を集計したい
 ・具体的にどのような作業をしているのか簡単に振り返りたい

 

また、表で紹介したこれらのレポート以外にも独自に定義したレポートを表示して、自分の目的に合わせた分析を行うことができます。
独自にレポートを定義する場合はクイックレポートで工数を独自の視点で分析するをご覧ください。

 

集計期間を変更する

クイックレポートの集計期間は、表示している期間だけでなく任意の期間を指定することができます。
例えば、締日を基準とした1か月間の工数を集計して勤怠情報の参考にしたり、週から月に集計する期間の単位を変えることで月間の活動を振り返るような活用ができます。
集計期間を変更するには、[集計期間]のドロップダウンリストから表示したい期間を選択します。
[集計期間]として選択できる項目は、以下のとおりです。

No. 項目 説明
1 表示している期間 表示期間の実績を集計します。
表示期間の変更に連動して、最新の表示で集計します。
2 表示期間を含む暦月の実績を集計します。
月をまたぐ期間を表示した場合、前の月を集計対象にします。
3 期間を指定 任意の期間で集計できます。
設定した期間は[集計期間]に表示されます。

 


コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

 アンケートに回答する