タイムシートでできること

タイムシートの概要

タイムシートは、プロジェクトのメンバーの実績工数や進捗状況などを報告するための機能です。実績工数の入力はほとんどの操作をマウスで行い、直感的かつ簡単に入力することができます。そのため、毎日工数入力を続けられます。入力した実績工数は、プロジェクトや分析などで活用することができます。また、プロジェクトにワークアイテムを追加するなどの計画の変更がタイムシート上でも可能で、作業途中に変更があった際にすぐプロジェクト計画に反映することができ、効率よく運用することができます。
115009060347_01.png

 

タイムシートの利用場面

タイムシートは主に以下のような場面で利用します。各利用場面の操作手順の詳細はリンク先をご参照ください。各利用場面での共通の操作として、まずはタイムシートを開く必要があります。タイムシートを開く操作については [タイムシートを開く] をご参照ください。

実績工数を入力する

ドラッグ&ドロップのマウス操作で実績工数を簡単に入力できます。入力した実績工数は、ワークアイテムごとやユーザーごとに集計して活用できます。 実績工数の入力方法は、以下のとおりです。 

 

入力した実績工数は集計して、以下のように活用できます。

  • プロジェクトのWBS
    ワークアイテムごとに実績工数を集計し、計画工数に対する実績工数の消化状況を確認することができます。
  • リソース負荷
    ユーザーの実績工数を期間で集計し、ユーザーの負荷状況を確認することができます。
  • ダッシュボード
    ユーザーやプロジェクトの実績工数の推移などをモニタリングすることができます。
  • 実績のエクスポート
    実績工数をファイルに出力し、入力した実績工数を確認することができます。
  • ピボット分析
    プロジェクトや組織を横断して、実績工数を集計することができます。プロジェクトや組織、期間を表の列や行に自由に配置し、分析に活用することができます。 

 

 

アイテムの進捗を報告する

ワークアイテムの成果量や進捗状況を報告できます。報告した内容は、ワークアイテムにリアルタムに更新され、共有することができます。また、ワークアイテムごとにコメントを入力することができ、作業進捗の報告や意見交換など、プロジェクトのメンバー間でコミュニケーションが取れます。

 

よく使うワークアイテムを管理する

実績を入力する際によく使用するワークアイテムを、マイワークアイテムとして管理できます。マイワークアイテムを使うことでアイテムをツリー状態から探す手間が軽減され、簡単に実績工数を入力することができます。

 

工数を分析する

クイックレポートを活用して、入力した実績工数をすぐに分析できます。クイックレポートは実績工数をグラフで見える化します。

 

 


コンテンツの品質向上のため、よろしければ以下のアンケートにお答えください。

 アンケートに回答する